英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

不定詞と動名詞 | 能動態と受動態

不定詞も動名詞も元は動詞なので、動詞と同じ性質を持っています。

今回は不定詞動名詞能動態受動態についてお伝えします。

 

問題

(     )内の動詞を適切な形に変えましょう。

 

1.  I am glad  (       ).   (invite)

ご招待いただき、嬉しいです。

 

2.  I am glad  (       )  that.   (hear)

それを聞いて嬉しいです。

 

3.  I have a lot of things  (       ).  (do)

 私にはやるべきことがたくさんあります。

 

4.  He was (       ) for the failure. (blame)

 その失敗は彼の責任でした。

(彼がその失敗についてとがめられました。)

 

5.  I avoided (       ).  (stare)

 私はじろじろ見られないようにしました。

 

6.  The wall needs (        ). (paint)

その壁は塗装が必要です。

 

 

 

解答と解説

基本的に不定詞や動名詞の「意味上の主語」との関係を考えて、「能動」か「受動」かを判断します。

 

不定詞と動名詞の意味上の主語については、こちら↓をご覧ください。  

www.keiko.work

www.keiko.work

 

 

1.  I am glad ( to be invited ).   (invite)

ご招待いただき、嬉しいです。

 

不定詞の副詞的用法で、感情の理由を表しています。 

to invite の意味上の主語は主語の I

I が招待されるので受動

 

 

2.  I am glad  (  to hear  )  that.   (hear)

それを聞いて嬉しいです。

 

不定詞の副詞的用法で、感情の理由を表しています。

to hear の意味上の主語は主語の I

I が聞くので能動

 

不定詞の副詞的用法については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

 

3.  I have a lot of things  ( to do / to be done ).  (do)

 私にはやるべきことがたくさんあります。

 

2通りの言い方ができます。

to do / to be done は名詞の things を修飾する不定詞の形容詞的用法

① things が to do の意味上の目的語で、意味上の主語が  I

 I がするので能動

 

things が to do の意味上の主語

    things は (人によって) されるので受動

 

比較

① は I (私) に焦点を当てた表現

② は things(こと、もの) に焦点を当てた表現

 

不定詞の形容詞的用法については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

  

 

4.  He was ( to blame ) for the failure. (blame)

 その失敗は彼の責任でした。

(彼がその失敗についてとがめられました。)

 

ここ大事!

 「 be +to 不定詞」が「義務」を表しています。

 

 

 to blame の意味上の主語は、主語の he

 he はとがめられるので受動なのですが、慣例的に to blame といいます。

 to be blamed でも間違いではありませんが、堅い表現です。

 

be + to不定詞」については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

 

5.  I avoided ( being stared ).  (stare)

 私はじろじろ見られないようにしました。

 

 avoid (避ける) は、目的語に動名詞のみを使います。

 being stared の意味上の主語は、主語の I

 I は見られるので受動

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

 

6.  The wall needs ( painting / to be painted ). (paint)

 その壁は塗装が必要です。

 

「~の必要がある」という際は、目的語に不定詞(名詞的用法)動名詞の両方を使うことができます。

 

ただし、不定詞は受動動名詞は能動になることに注意しましょう。

 

① to be painted の意味上の主語は、主語の the wall

   the wall は塗られるので受動

 

② 動名詞の painting には「塗る」という動詞的なニュアンスよりも「塗装」という名詞的なニュアンスの方が強いため、慣例的に受動ではなく能動で表されます。

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

単純に能動か受動かで判断できないこともあるので注意が必要です。

 

慣例的な表現を覚えておきましょう。

 

お勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work 

 

 

シェアします↓。 

minor-news.hateblo.jp