お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

不定詞と動名詞 | 目的語に不定詞をとる動詞と動名詞をとる動詞 

不定詞の名詞的用法も動名詞も「動詞を名詞化したもの」なので、動詞の目的語になることがあります。その際、どちらをとるかは述語動詞によって決まります。今回はそれらの述語動詞を確認しましょう。

 

動名詞と不定詞のどちらを目的語にとるかで、次の4種類の動詞に分かれます。

1.動名詞のみを目的語にとる動詞

2.不定詞のみを目的語にとる動詞

3.両方とり、ほとんど意味が変わらない動詞

4.両方とり、意味が変わる動詞

 

問題

 

それぞれの述語動詞が4つうちどの種類かを考えて、適切な方を選びましょう。両方OKの場合もあります。

 

 1.  I remember ( sending    to send ) him email yesterday.

 

 2.  He promised me not ( being late       to be late ) again.

 

 3.  She hesitated ( asking        to ask  ) me.

 

 4.  I regret ( telling        to tell ) a lie to her.  I should have told her the  truth.

 

 5.  He is considering ( changing     to change ) jobs.

 

 6.  He continued ( playing      to play ) video games.

 

 7.  They tried ( moving      to move ) the table, but it was too heavy.

 

 8.  I tried ( playing     to play ) the instrument.  It was easy.

 

 

 

解答と解説

1.  I remember ( sending  ) him email yesterday.

remember は両方とり、意味が変わる動詞です。

 

remeber to do は「(これから)忘れずに~する

remeber doing は「(過去に)~したことを覚えている」

 

 

比較

I must remember to send him email.

彼に(これから)メールするのを覚えておかなくちゃ。

 

補足

対義語の forget も両方とり、意味が変わります。

forget to do は「(これから)することを忘れる」

「~するのを忘れないで」という否定文で用いられることが多いようです

 

 

forget doing は「(過去に)~したことを忘れる」

 

 

 

 

 2.  He promised me not ( to be late  ) again.

promise は不定詞のみを目的語とする動詞です。

「彼は、また遅刻することはないと私に約束した」という意味です。

 

not の位置に注意しましょう。不定詞の直前です。

 

 

 

 3.  She hesitated ( to ask ) me.

hesitate(ためらう) は不定詞のみを目的語とする動詞です。

 

補足

その他の不定詞のみをとる動詞:

agree / fail / refuse / expect / learn / hope / demand / offer / intend / manage / decide / pretend など

 

 

 

4.  I regret ( telling  ) a lie to her.  I should have told her the truth.

regret は両方とり、意味が変わる動詞です。

 

regret to do は「残念ながら(これから)~します

regret doing は「(過去に)~したことを後悔している」

 

後ろに「彼女に真実を話すべきだった(のにそうしなかった)」という文が続いているので、既にそうした(うそをついた)ことがわかります。

should have+過去分詞については 、こちら↓を参考にしてください。

 

www.keiko.work

 

 

 

5.  He is considering ( changing  ) jobs.

consider は動名詞のみを目的語とする動詞です。

注)

change jobs のように、同種のものを交換する際は原則的に複数形になります。

 

補足

その他の動名詞のみをとる動詞:

admit / miss / postpone(延期する) / quit / finish / stop / give up / escape / avoid / practice / enjoy / deny(否定する)  など

 

 

 

 6.  He continued ( playing      to play ) video games.

continue は両方とり、ほとんど意味が変わらない動詞です。

 

 

 

 7.  They tried ( to move ) the table, but it was too heavy.

 8.  I tried ( playing ) the instrument.  It was easy.

try は両方とり、意味が変わる動詞です。

 

try to do は「やろうと試みる」という意味で、うまくいったかどうかは分かりません。

困難であるニュアンスもあるようです。

 

try doing は「試しにやってみる」という意味で、実際に行うことを意味します。

気楽にできるニュアンスもあるようです。

 

 

TOEIC にもよく出題されますので、しっかり覚えておきましょう。

 

迷ったときは辞書で確認しましょう!!

 

お読みいただき、ありがとうございます。