お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

形容詞と不定詞 | It is (形容詞) to do ~ |(物の主語) is (形容詞) to do ~

例えば「英語を勉強するのは興味深い」と言いたい場合、It is interesting to study English.  /  English is interesting to study. の2種類の構文が可能ですが、形容詞によっては、どちらかしか使えないことがあります。

 

今回は2つの構文と形容詞との関係についてお伝えします。

 

問題

次の英文は正しいでしょうか、それとも間違っているでしょうか。

 

1-A  It is too heavy for me to carry this suitcase.

1-B  This suitcase is too heavy to carry. 

 

2-A  It is exciting to start this project.

2-B  This project is exciting to start.

 

3-A  It is dangerous to swim in this pool.

3-B  This pool is dangerous to swim in.

 

  

4-A  It is important to learn English.

4-B  English is important to learn.

 

5-A  It is possible to keep the data.

5-B  The data is possible to keep.

  

6-A  It is impossible to keep the data.

6-B  The data is impossible to keep.

 

 

 解説

今回は It is (形容詞) to do ~の構文にできる形容詞と、「物」を主語した構文にできる形容詞についてお伝えします。

 

 

基本的には次のように考えることができます。

It is (形容詞) to do ~

可能性などの状況に対する話者の判断や評価を表す形容詞が用いられます。

 

 

(物の主語) is (形容詞) to do ~

難易度などの話者の感情や物の状態を表す形容詞が用いられます。

 

 

解答  

  1-A  It is too heavy for me to carry this suitcase.

注)1-A は「このスーツケースを運ぶことが重い」という意味になってしまいます。

  1-B  This suitcase is too heavy to carry.  

 

「It is (形容詞) to do ~」 はできなくても、「(主語) is (形容詞) to do ~」はできる形容詞は以下の通りです。

sad  /  happy  /  sorry /  angry  /  heavy  /  large  /  small  など

 

補足

このような形容詞は、1-Bのように「物」を主語にしたり、以下のように「人」を主語にして表します。

It is sad for me to hear the news.

I am sad to hear the news.

 

「人」を主語にできる 形容詞と「物」を主語にできる形容詞についてはこちら↓を参考にしてください。

 

www.keiko.work

 

 

 

  

  2-A  It is exciting to start this project.

  2-B  This project is exciting to start.

 

  3-A  It is dangerous to swim in this pool.

  3-B  This pool is dangerous to swim in.

注) 最後の in も落とさないようにしましょう。

 

「It is (形容詞) to do ~」 も「(物の主語) is (形容詞) to do ~」も両方できる形容詞は以下の通りです。

exciting /  boring / interesting / wonderful / useful / dangerous / difficult / hard / tough / easy / impossible など

 

 

4-A  It is important to learn English.

  4-B  English is important to learn.

 

  5-A  It is possible to keep the data.

  5-B  The data is possible to keep.

 

 

「It is (形容詞) to do ~」 はできても、「(主語) is (形容詞) to do ~」はできない形容詞は以下の通りです。

important / possible / necessary /  natural  /  convenient など

 

  6-A  It is impossible to keep the data.

  6-B  The data is impossible to keep.

 

ここ大事!)

5-Bのようにpossible は、「(主語) is (形容詞) to do ~」にできませんが、impossible はできるので注意が必要です。

 

 

特に4-Bや5-Bのような間違いをよく見かけます。意味が分からないほどの間違いではありませんが、なるべく正しく使いたいですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

次回は8月5日に投稿予定です。