お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

動名詞が表す時

今回は動名詞が表す時についてお伝えします。動名詞そのものは時を表すことができないため、文脈や前後関係で判断します。

 

まずは動名詞とは何かについて確認しておきましょう。 

動名詞とは

動詞の原形の後ろにingをつけると 動名詞になります。

 

「~する」という動詞が「~すること」という名詞に変化したため、名詞でありながら動詞の要素も持っています。

 

 

問題

次の文の意味と動名詞が表す「時」を考えましょう。

 

 1.  He was proud of being a police officer.

 

 

 2.  He is proud of having worked with a famous writer. 

 

 

 3.  I am looking forward to seeing you again.

 

 

 4.  He likes listening to music.

 

 

 5.  He was proud of having been a police officer.

 

 

  6.  He remembers taking a picture with me.

 

  

 

解答と解説 

1.doing

述語動詞と同じ時を表す

 

2.  having+過去分詞

述語動詞より前の時を表す

 

3. 願望などを表す動詞と共に使われると、述語動詞より未来の時を表す

 

4.  remember / forget / regret と共に動名詞(doing)を続けると、動名詞は述語動詞より前の時を表す。

 

 

 

 

 1.  He was proud of being a police officer.

 過去を表す(1.のパターン)

 (述語動詞と同じ時

彼は警察官であることを誇りに思っていました。

 

 

 2.  He is proud of having worked with a famous writer. 

 過去を表す(2.のパターン)

(述語動詞より前の時

彼は有名な作家と一緒に働いたことを誇りに思っています。

 

 

 3.  I am looking forward to seeing you again.

 未来を表す(3.のパターン)

(述語動詞より未来の時

またお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 4.  He likes listening to music.

 現在を表す(1.のパターン)

(述語動詞と同じ時

彼は音楽を聴くのが好きです。

 

 

 5.  He was proud of having been a police officer.

 大過去(過去よりさらに前の時)を表す(2.のパターン)

 (述語動詞より前の時

彼は警察官だったことを誇りに思っていました。

 

 

  6.  He remembers taking a picture with me.

 過去を表す(4.のパターン)

(述語動詞より前の時を表す)

彼は私と一緒に写真を撮ったことを覚えています。

 

 

 have+過去分詞が一つ前の時を表す」は色々な所で使われていますね。

 

6.のようにhaving+過去分詞でなくても述語動詞より前の時を表す場合があるので、注意が必要です。

 

「基本」だけでなく「例外」を知っておくことも大切ですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お勧め書籍↓

www.keiko.work

 

www.keiko.work