お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文法 副詞

時制と副詞 |現在形|過去形|大過去|未来形|現在進行形|過去進行形|未来進行形|現在完了形|過去完了形|未来完了形

「この時制はこの副詞を伴うことが多い」または「この時制は通常副詞を伴わない」というように、時制と副詞にはある一定の関係があるので、一緒に覚えておくと便利です。今回は時制と副詞についてお伝えします。

接続表現 (一般化、意見、強調、参照、要約、追加、対比、詳細、転換、逆説)

話し言葉でも書き言葉でも、「例えば」「つまり」「正直に言うと」「反対に」などの接続表現を上手に使うと、相手はその後の内容を予測できるため、より分かりやすく伝えることができます。今回は接続表現についてお伝えします。

that の役割 | 代名詞 / 形容詞 / 副詞 / 接続詞 / 関係代名詞  | 同格のthat

英文を読んだり聞いたりしていると色々な箇所で that にお目にかかりますよね。今回は that の品詞に注目してお伝えします。

英語の使い分けに注意が必要な副詞と接続詞 | 時制と副詞/接続詞 | ever / before / once / never / until / recently / these days / nowadays / lately / ago

時制と副詞の組み合わせを覚えましょう。

英語の「時」や「頻度」を表す副詞の位置

副詞の位置は比較的自由ですが、大よそのルールを覚えておきましょう。

日本人に多い間違い ③他の品詞と間違えやすい副詞

go to abrod? それとも go abroad?

英語における接続表現(接続詞と副詞)の違い (and / but / so / moreover / however / therefore など)

butやhoweverの使い方を確認しましょう。