お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文法 助動詞

英語の受動態 ② |時制 (現在、過去、未来、進行、完了) | 助動詞を含む文 

それぞれの時制や助動詞を使った場合の受動態を確認しましょう。

do / does / did の用法 | 強調、倒置、代動詞

do / does / did を使いこなして表現の幅を広げましょう。

仮定法現在と直説法 | that 節の述語動詞に should が必要な場合(または動詞を原形にする場合)|注意すべき動詞と形容詞

that 節に should を含む場合があります。

助動詞の can / could を使いこなしましょう |「過去の能力」を表す際は特に注意! | 能力、可能性、許可、提案、依頼、指示、推量、疑い、否定

can を侮ってはいけません。

英語で「義務」や「必要」を表す助動詞 | ネイティブスピーカーの使い方 (must / have to / have got to / need to) |『 名探偵コナン』のセリフ "Need not to know" ???

must / have to / need to を使い分けましょう。

英語の助動詞 may / must / can を使って過去の出来事を確信するとき | 助動詞の過去形が必ずしも過去を表すわけではありません

「~だったかもしれない」を英語で?

英語の助動詞の will は、「未来」を表すときにだけ使われるわけではありません。

will は未来のことだけを表すわけではありません。

英語で過去の能力を表したい時の「~できた」は、could とは限りません

「~できた」は could とは限りません。

英語の助動詞 (どちらが強い口調? should それとも had better ?)

should と had better の正しい使い方