お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の過去形が表すこと / I went ~. Could you ~? I might ~.

過去形の共通点

動詞や助動詞を過去形にする場合には、共通点があることをご存知でしょうか。

 

 

1. 過去の出来事

I went to Paris last year.

過去の出来事を表します。

 

 

2. 依頼

Can you ~?よりも Could you ~? の方が

Will you ~?よりも Would you ~?の方が

丁寧な表現になります。なお、依頼しているのは過去ではなく「現時点」です。

 

3. 推量・確信

may よりも might の方が

can よりも could の方が

will よりも would の方が

確信度が低くなります。なお、話題にしているのは過去のことではなく「現時点」のことです。

 

共通点は?

3つとも、過去形にすることで、何かから「距離」が離れていることを表しているのです!!

 

1. 「現時点」からの距離 → 過去の出来事

2. 依頼する「相手」からの距離 → 丁寧

3. 「現実」からの距離 → 確信度が低くなる

 

あり得ないことを表す「仮定法」の条件節(If ~など)や主節(I could ~など)で、過去形過去完了形が用いられているのもうなずけますね。

 

おまけ

 もう何年も前にある生徒さんから「どうして助動詞が過去形になると、丁寧な表現になるんですか?」と聞かれました。その時は理由なんて考えたこともなかったので、「それがルールだから。」としか答えられませんでした。Kさん、あのときは答えられなくてごめんなさい。どこかでこれを読んでくれたら嬉しいです。

 

お読みいただき、ありがとうございます。