お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

not に注意! Couldn't be better. って最高? それとも最低?

Couldn't be better.

How are you (doing)? に対する答えとして、Couldn't be better. と答えることがあります。

 

これはどういう意味でしょう。 "not" という言葉のイメージから「否定」と考え、「良くない」という意味だと思ってしまう人も多いようです。

 

実はこれ、「最高!」という意味です。

 

ここでの could は、可能性が低いことを表しています。

詳しくはこちら↓

主語は省略されています。

直訳すると「今より良くなることはあり得ない」

→「最高にいい状態

 

ちなみに「最低!」だと Couldn't be worse. です。

(今より悪くなることはあり得ない)

 

I cannot thank you enough.

これも "not" のイメージから、感謝したくないのかと思う人もいらっしゃるようです。

 

直訳すると「あなたに十分に感謝することはできない。」

→ 「いくら感謝しても十分ではない。」

→ 「大変感謝している。」

 

You cannot be too careful when you drive.

"not" がありますが、「気をつけられない」と言いたいのではありません。

 

直訳すると「運転するときは、気をつけすぎる状態にはなりえない。」

→ 「~ よく気をつけなさい。」

 

 

覚えてしまいましょう!

特にこのような文は、頭の中で訳していると時間がかかるし、間違ってしまう可能性もあるので、理由がわかったら、あとはそのまま覚えてしまいましょう。

 

× 英文を聞く → 和訳 → 理解

〇 英文を聞く → 理解

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。