お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

二重否定

「わかる」と断定できないときなどに「わからなくもない」と言ったり、「あの人を褒めない人はいない」のように、意味を強調するときなどに、否定と否定を重ねて使うことがありますよね。今回は英語の「二重否定」についてお伝えします。

 

問題

次の日本語に合うように(    ) に適切な語を入れましょう。

 

 1.  (              ) is (          ) rule (             ) (             ) exceptions.

例外のない規則はありません。

 

 2.  My grandfather (        ) (        ) (       ) bring me something nice whenever he visited me.

祖父が訪ねて来てくれると、必ずいつも私に何か素敵な物を持ってきてくれました。

 

 

 3.   She (        ) (          ) a day without a cup of coffee.

彼女は毎日欠かさずコーヒーを飲みます。

 

 

 4.  It is (       ) (          ) (      ) get lost in a big shopping mall.

大きなショッピングモールで迷うのは珍しいことではありません。

 

 

 5.  There is (       ) (         ) (         ) has never told a lie.

嘘をついたことがない人はいません。

 

 

 6.   (        ) is achieved (         ) effort.

努力しなければ何も達成できません。

 

 

 7.  (         ) is  (          ) if you try hard.

一生懸命頑張れば不可能なことなどありません。

 

 

 

解答と解説

 1.  ( There )  is ( no  ) rule (  without ) exceptions.

 例外のない規則はありません。

 

 

 2.  My grandfather ( never ) ( failed ) (   to   ) bring me something nice whenever he visited me.

祖父が訪ねて来てくれると、必ずいつも私に何か素敵な物を持ってきてくれました。

 

 

 3.   She ( never  ) ( misses  ) a day without a cup of coffee.

彼女は毎日欠かさずコーヒーを飲みます。

 

 

 4.  It is ( not  ) ( unusual  ) ( to  ) get lost in a big shopping mall.

大きなショッピングモールで迷うのは珍しいことではありません。

 

 

 5.  There is ( no ) ( person ) ( who ) has never told a lie.

嘘をついたことがない人はいません。

 

 

 6.   (Nothing ) is achieved ( without  ) effort.

努力しなければ何も達成できません。

 

 

 7. Nothing ) is  ( impossible  ) if you try hard.

一生懸命頑張れば不可能なことなどありません。

 

 

単純に肯定文で伝えるよりも、二重否定で伝えることで意味を強調できることが多いですよね。表現の幅が広がりますので、色々な表現を覚えておきましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました。