お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文法 形容詞

分詞と分詞形容詞

「分詞」は、動詞が変化して形容詞として使われているので、動詞と形容詞の両方の性質を持っています。ところが中には、動詞としての性質を失い、(純粋な?)形容詞として使われているものがあります。そのような分詞は「分詞形容詞」と呼ばれます。今回は「分…

形容詞と不定詞 | It is (形容詞) to do ~ |(物の主語) is (形容詞) to do ~

It is (形) to do~と、(主語) is (形) to do ~は形容詞によって使い分けます。

付帯状況 | with +(代)名詞+【形容詞 / 副詞 / 現在分詞 / 過去分詞】| ~しながら、~のままで

with を使うと簡単に状況を説明することができます。

that の役割 | 代名詞 / 形容詞 / 副詞 / 接続詞 / 関係代名詞  | 同格のthat

英文を読んだり聞いたりしていると色々な箇所で that にお目にかかりますよね。今回は that の品詞に注目してお伝えします。

英語の形容詞の限定用法と叙述用法 | 名詞を直接修飾する形容詞と補語になる形容詞 | 主格補語と目的格補語

形容詞には限定用法と叙述用法があります。

英語の間違えやすい表現 |year old それとも years old

a three-years-old boy 、それとも a three-year-old boy?

英語の形容詞 |「人」が主語になる形容詞とならない形容詞

「あの人はアブナイ人」を英語では?

英語の「たくさん」は? |「可算名詞 or 不可算名詞」、「肯定文 or 否定文または疑問文」で使い分けます。| many / much / a lot of / lots of / plenty of / a large number of / a large amount of

「たくさん」を使い分けましょう。

英語で「兄弟いますか?」は Do you have a brother? ~ brothers? それとも ~ any brothers?

anyの使い方