お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の「たくさん」は? |「可算名詞 or 不可算名詞」、「肯定文 or 否定文または疑問文」で使い分けます。| many / much / a lot of / lots of / plenty of / a large number of / a large amount of

英語で「たくさん」といえばどの単語を思いつきますか?今回は数量形容詞についてお伝えします。

 

 「多い」とか「少ない」という数や量を表す形容詞は「数量形容詞」と呼ばれます。英語の名詞には「可算名詞」と「不可算名詞」がありますが、どちらの名詞と一緒に使うかで単語を使い分ける場合もあります。

 

「たくさん」

可算名詞と不可算名詞

どちらの名詞と一緒に使うかで、使い分けます

many可算名詞

a large number of可算名詞

 

much不可算名詞

a large amount of不可算名詞

 

以下は、どちらの名詞にも使えます

a lot of

lots of

plenty of

 

私が学生の頃習ったのはここまでですが、可算名詞か、不可算名詞かだけではなく、他にも使い分けるポイントがあるのです!!最近の文法書や辞書には以下のような説明が載っています。

 

ここ大事!

肯定文

many / much を肯定文の主語に使う場合は問題ありませんが、肯定文の目的語に使うと堅い感じがするので、特に口語では使われないようです。

 

肯定文では、 a lot of / lots of / plenty of / a large number of が一般的です。

〇 Many students studied hard for the test.(主語はmanyもOK)

〇    A lot of students studied hard for the test.

△   He has many friends. (通常目的語にmany は使わない

〇   He has a lot of friends.

 

否定文と疑問文

逆に否定文と疑問文では many / much が一般的です。

 

これは絶対的なルールではないようですが、「こちらの方が自然」ということのようです。以前本当かどうかカナダ人に尋ねてみたら、自然と肯定文では a lot of  / lots of / plenty of を使い、否定文と疑問文では many / much を使っていると言っていましたよ。私に聞かれて初めて気づいたようでした笑。「ほんとだ~」と驚いていました。

 

お読みいただき、ありがとうございます。