英語学習法や文法説明

私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

否定を表す語の使い分け (2) |none / neither / nobody / nothing

今回は否定を表す語についてお伝えします。

 

否定を表す語はいくつかありますが、今回も全否定(まったく~ない) を表す語についてお伝えします。

 

not / never / no についてはこちら↓を参考にしてください

www.keiko.work

 

 

今回は none / neither / nobody / nothing についてお伝えします。

 

 

問題

否定を表す語に特に注意して、それぞれの文の意味を考えましょう。

(       )内の単語を選択しましょう。

また、否定を表す語の品詞も答えましょう。

 

1-A  He looked for his friends at the party but found none.

 

1-B  He looked for his friends at the party but found neither of them.

 

2-A  None of that (matter   matters).

 

2-B  Neither of my brothers (live   lives) in Japan.

 

2-C  I like neither (choice   choices).

 

3-A  Nobody (respect   respects) him. 

 

3-B  You have done nothing wrong.

解答と解説

最初にそれぞれの語について確認しましょう。

 

後ろに〈of+(代)名詞〉を続けられるものと続けられないものがあります。

 

また、対象の数や、単数扱いか複数扱いかにも注意が必要です。

 

 

none 

意味:

だれも[何も]…ない

 

品詞:

代名詞

 

特徴:

1. 「もの」も「人」も表し、対象が3つ[3人]以上の場合に用いられる

 

2. 単独で使う場合と、後ろに〈of+(代)名詞〉を続ける場合がある

 

3. of の後の可算名詞複数形。動詞との一致は、複数扱いが原則だが、単数扱いのこともある。名詞の前にthe / these / 所有格などがつく。

 

4. of の後の不可算名詞単数形。動詞との一致は単数扱い。名詞の前にthe / this / 所有格などがつく。

 

 

 

neither

意味:

どちらも…ない

 

品詞:

形容詞

代名詞

副詞(今回は扱いません)

 

特徴:

1. 「もの」も「人」も表し、対象が2つ[2人]の場合に用いられる

 

2. 形容詞の用法は後ろに可算名詞の単数形を伴う

 

3. 代名詞の用法は、単独で使う場合と、後ろに〈of+複数形の(代)名詞〉を続ける場合がある。動詞との一致は単数扱いが原則だが、口語では複数扱いも可能。

 

 

 

nobody 

意味:

だれも…ない

だれ一人…ない

 

品詞:

代名詞

 

特徴:

1. 「」を表し、no one とほぼ同じ意味だが、nobody の方が口語的

 

2. 単数扱い

 

3. 後ろに〈of+(代)名詞〉を続けることはできない

 

 

 

nothing 

意味:

何も…ない

 

品詞:

代名詞

名詞(「取るに足りないこと」という意味。今回は扱いません。)

 

特徴:

1. 「もの」を表す

 

2. 単数扱い

 

3. 後ろに〈of+(代)名詞〉を続けることはできない

 

 

 

それぞれの文の意味を確認しましょう。

 

1-A  He looked for his friends at the party but found none.

彼はパーティー会場で友達を探しましたが、一人も見つかりませんでした。

 

none は代名詞

 

ここでは no friends と同意で、パーティー会場にいた友達は3人以上

 

 

 

1-B  He looked for his friends at the party but found neither of them.

彼はパーティー会場で友達を探しましたが、どちらも見つかりませんでした。

 

neither (どちらも…ない) は代名詞

 

パーティー会場にいた友達は2人

 

 

 

2-A  None of that matters.

  そんなことどうだっていいよ。

 (直訳:そのことの何も重要ではありません。)

 

none は代名詞

 

後ろに〈of+単数の代名詞〉が続いている

 

主語の none of that は単数扱いなので、動詞に3単現の s がついている

 

 

 

2-B  Neither of my brothers lives[live] in Japan.

  私の(2人の)兄弟はどちらも日本に住んでいません。

 

neither は代名詞

 

後ろに〈of+所有格+複数の可算名詞〉が続いている

 

この人の兄弟は2人いる

 

主語の neither of my brothers は単数扱いが原則なので、動詞に3単現の s がついているが、複数扱いとすることも可能。

 

 

 

2-C  I like neither choice.

  私はどちらの選択も好きではありません。

 

neither は形容詞

 

後ろに単数の可算名詞が続いている

 

選択肢は2つある

 

 

 

3-A  Nobody respects him.  

  誰も彼を尊敬していません。

 

nobody は「人」を表す代名詞

 

単数扱いなので動詞に3単現の s がついている

 

 

 

3-B  You have done nothing wrong.

  あなたは何も悪いことはしていません。

 

nothing は「もの」を表す代名詞

 

後ろに形容詞の wrong が続き、どんなことなのかを説明している。

 

注)通例形容詞は名詞の前に置かれることが多いですが、nothing、something、anything のように-thing で終わる代名詞を修飾する場合、形容詞は後ろに置かれます。

 

 

 

まとめ

none (+of+(代)名詞)

・だれも[何も]…ない

・代名詞

・対象が3つ[3人]以上

・of の後の可算名詞は複数形。動詞との一致は、複数扱いが原則で、名詞の前にthe / these / 所有格などがつく。

・of の後の不可算名詞は単数形。動詞との一致は単数扱いで、名詞の前にthe / this / 所有格などがつく。

 

 

neither+可算名詞の単数形

neither(+of+複数形の(代)名詞)

・どちら(の~)も…ない

・形容詞 / 代名詞 / 副詞(今回は扱いません)

・対象が2つ[2人]の場合に用いられる

・代名詞の用法で後ろに〈of+複数形の(代)名詞〉を続ける場合、動詞との一致は単数扱いが原則。

 

 

nobody 

意味:

・だれも…ない

・代名詞

・「人」を表す

・単数扱い

・後ろに〈of+(代)名詞〉を続けることはできない

 

 

nothing 

何も…ない

・代名詞 / 名詞(今回は扱いません。)

・「もの」を表す

・単数扱い

・後ろに〈of+(代)名詞〉を続けることはできない

 

 

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

keikoringbasic.hatenablog.jp

keikoringbasic.hatenablog.jp

keikoringbasic.hatenablog.jp

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

お勧め書籍↓

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work