英語学習法や文法説明

私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文法 接続詞

名詞を修飾する節 | 関係詞と同格の that の使い方

形容詞節の種類とそれぞれのルール

条件を表す接続詞 | 同じような意味の接続詞に注意

意味が似ている接続詞

時制の一致と接続詞 | 節 | 

時制の一致と接続詞

従位接続詞で導かれる副詞節の〈主語+be動詞〉などの省略

節内の省略が可能な従位接続詞

等位接続詞 | and、 but、 or、 so

等位接続詞 (and but or so)

区切る位置 | I think that … / The time … when …

区切る位置について

接続詞の区別 | 間接話法 | that(名詞節、副詞節、感情の原因) | whether と if の違い | 疑問詞 

今回は「話法」についてお伝えします。

文法用語 | 譲歩とは? |(even) though、in spite of | 複合関係詞 (whoever、whichever、whatever、whenever、wherever、however)

文法が難しいと感じる理由の一つに、文法用語がわからないということもあるかもしれませんね。今回お伝えする「譲歩」も難しい用語の一つだと思います。今回は英文法における「譲歩」とは何を表しているのかについてお伝えします。

間違えやすい接続詞 | 理由や結果などを導く接続詞

単語の意味を覚えているだけでは十分とはいえません。間違えやすい接続詞の違いを理解しましょう。

while、when、if、though、as などの接続詞の後の「主語+動詞」の省略

通常、接続詞の後には節(SVを含む二語以上)が続きますが、「主語+動詞」が省略されていることがあります。今回はそのような場合についてお伝えします。

同格 | 名詞+名詞 / 名詞+that / 名詞+whether / 名詞+of +(動)名詞 / 名詞+to 不定詞

同格

接続表現 (一般化、意見、強調、参照、要約、追加、対比、詳細、転換、逆説)

話し言葉でも書き言葉でも、「例えば」「つまり」「正直に言うと」「反対に」などの接続表現を上手に使うと、相手はその後の内容を予測できるため、より分かりやすく伝えることができます。今回は接続表現についてお伝えします。

that の役割 | 代名詞 / 形容詞 / 副詞 / 接続詞 / 関係代名詞  | 同格のthat

英文を読んだり聞いたりしていると色々な箇所で that にお目にかかりますよね。今回は that の品詞に注目してお伝えします。

英語の使い分けに注意が必要な副詞と接続詞 | 時制と副詞/接続詞 | ever / before / once / never / until / recently / these days / nowadays / lately / ago

時制と副詞の組み合わせを覚えましょう。

英語の間違えやすい接続詞 ① (because / since / though / so / so that / but) |文法用語の「譲歩」ってどういうこと?

違いに注意!because と since / becase と though など

英語における接続表現(接続詞と副詞)の違い (and / but / so / moreover / however / therefore など)

butやhoweverの使い方を確認しましょう。