英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文法用語 | 譲歩とは? |(even) though、in spite of | 複合関係詞 (whoever、whichever、whatever、whenever、wherever、however)

文法が難しいと感じる理由の一つに、文法用語がわからないということもあるかもしれませんね。今回お伝えする「譲歩」も難しい用語の一つだと思います。今回は英文法における「譲歩」とは何を表しているのかについてお伝えします。

 

問題

次の文の意味を考えましょう。

 

1. I have to go on a business trip though I do not want to.

 

2. I refused the job offer though the salary was good.

 

3. We went out for shopping even though the typhoon was approaching.

 

4. Whichever you choose, I will help you.

 

5. Wherever I go, I will never forget you.

 

6. They played soccer in spite of the rain.

 

7. Though a little discouraged, I felt satisfied with the effort.

 

 

文の意味とよく見かける解説

 1.  I have to go on a business trip though I do not want to.

行きたくありませんが、私は出張に行かなくてはいけません。

 

よく見かける解説:
though は「~だけど」という「譲歩」を表します。

 

 

 2.  I refused the job offer though the salary was good.

給料はよかったのですが、私はその仕事の申し出を断りました。

 

よく見かける解説:
though は「~だけど」という「譲歩」を表します。

 

 

3.  We went out for shopping even though the typhoon was approaching.

私たちは台風が近づいてきていたけれど、買い物に出かけました。

 

よく見かける解説:
even though は「~だけど」という意味で、evenが「譲歩」を表す though を強調しています。

 

 

 4.  Whichever you choose, I will help you.

あなたがどちらを選ぼうとも、私はあなたを助けます。

 

よく見かける解説:

whichever のような複合関係代名詞は「~しようとも」という「譲歩」を表します。

 

 

 5.  Wherever I go, I will never forget you.

(私が)どこへ行こうと、私はあなたのことを忘れません。

 

よく見かける解説:

wherever のような複合関係副詞は「~しようとも」という「譲歩」を表します。

 

複合関係代名詞と複合関係副詞については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

 

 6. They played soccer yesterday in spite of the rain.

彼らは昨日雨にもかかわらずサッカーをしました。

 

よく見かける解説:
in spite of は「~だけど」という「譲歩」を表します。

 


7. Though a little discouraged, I felt satisfied with the effort.

少しがっかりしましたが、私は結果に満足しました。

 

よく見かける解説:
この分詞構文は「譲歩」を表します。

 

 

 「譲歩」とは

国語辞典によると、一般的に「譲歩」とは

『自分の意見や主張を、全てまたは一部押さえて、相手の意向に従ったり妥協したりすること

 

ところが

上の英文でこれに当てはまるのは、1. だけです!

 

2. 3. 6. は妥協せず、自分の考え通りに行っており、日本語の「譲歩」とは逆の行動をとっています。

 

その他も「妥協する」という意味ではありません。

 

こことても大事!

つまり、文法用語で使う「譲歩」は一般的な「譲歩」の意味とは異なります。

共通する意味は、以下の2つです。

① ~だけど

② たとえ~しようとも

 

英語の「譲歩」が表す内容は主に次の2つです。

① 「逆説」「対立」

② 「強調」

 

 

文法で使う「譲歩」は日本語が表す「譲歩」とは違う意味で使われることが多いため、混乱し難しいと感じるのだと思います。

 

また、「逆説」と「強調」という別の状況を「譲歩」という言葉でまとめるのも無理があると思います。

 

ちなみに、私も昔は「譲歩」という表現を使って説明していましたが、最近は①「逆説」または「対立」②「強調」などと説明するようにしています。

 

文法書などで「譲歩」という表現が見つかったら、この2種類のどちらかに置き換えて考えると分かりやすいはずです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

よろしければこちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

お勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work