お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の形容詞 |「人」が主語になる形容詞とならない形容詞

例えば「あの人は不便です」とは言わないように、英語にも「人」が主語にならない形容詞があります。必ずしも日本語と一致していないので注意が必要です。今回は形容詞についてお伝えします。

 

問題

つぎの英文は〇ですか、それとも✖ですか?

 

 1.  Tom is necessary.

必要な

 

 2.  Mary is possible.

可能な

 

3.  Tom is dangerous.

危険な

 

 4.  Mary is careless.

不注意な

 

 5.  Tom is hard.

難しい

 

 6.  Mary is pleased.

喜んで

 

 7.  Tom is delightful.

楽しい

 

 8.  Mary is wrong.

間違って

 

 9.  Tom is cruel.

残酷な

 

10.  Mary is useful.

有能な

 

 

解答

✖  1.  Tom is necessary.

例えば We cannot do this without Tom.などということができます。

 

  2.  Mary is possible.

人が~できるはbe able to で表すことができます。

 

✖  3.  Tom is dangerous.

He is cruel.(残酷な)  / He is rude. (無礼な)などのように「どう危ないのか」具体的に述べます。

 

 4.  Mary is careless.

 

  5.  Tom is hard.

 Tom is hard to get along with.(つきあいづらい) のように言う事は可能です。

 

6.  Mary is pleased.

 

 7.  Tom is delightful.

delightedは「人」を主語にとります。

 

 8.  Mary is wrong.

 

 9.  Tom is cruel.

 

10.  Mary is useful.

 helpful は「人」を主語にとります。

 

 

日本語では「あの人アブナイ人よ」などということがありますが、英語の dangerousは人を主語にとらないので要注意です。「エー!!」と驚く人、とても多いです笑。

 

単語の意味を覚えるだけでは使いこなせないので、例文もしっかり確認するようにしましょう。形容詞に関しては、「人」を主語にとるかとらないかも要チェックです。

 

お読みいただき、ありがとうございます。