お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の「可算名詞と不可算名詞」、「単数形と複数形」で意味が異なる名詞

英語の名詞には可算名詞不可算名詞の両方で使われる名詞があり、意味が異なる場合もあります。また、可算名詞の中には単数形複数形で意味が変わる名詞もあります。今回はこのような名詞についてお伝えします。

 

 

問題

Tomが働いているのは、どんな会社でしょう?

 

Tom works for a securities company.

答えは最後にお伝えします。

 

 

可算と不可算の両方で使われ、意味が異なる名詞

 

room

可算名詞   部屋

不可算名詞    余地、空間、機会

 

paper

可算名詞   1.新聞

       2.(常に複数形で) 書類

不可算名詞    紙

 

work

可算名詞   (絵画や小説などの) 作品

不可算名詞    仕事

 

wood

可算名詞   森

不可算名詞    木材、まき

 

pain

可算名詞   (常に複数形で) 苦労、努力

不可算名詞    1.苦痛、痛み

      2.苦悩

 

ruin

可算名詞  (常に複数形で) 遺跡、廃墟

不可算名詞 破滅、滅亡 

 

 

(可算名詞の)単数形と複数形で意味が異なる名詞

 

arm

an arm / arms  

arms        武器

 

manner

a manner / manners  方法、態度

manners         礼儀作法

注)日本語のマナーは英語では manners

 

custom

(a) custom  慣習

customs   税関

 

day

a day / days 

days     時代  

 

 

 

問題の答えと解説

「警備会社」ではありません。securities(複数形)は「有価証券」という意味です。Tom が働いているのは、「証券会社」です。

 

まとめ

このように、単数形と複数形を間違えると意味が変わってしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

よろしければ、こちら↓も参考にしてください。 

www.keiko.work