お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

コンビニは英語で a convenience store(名詞+名詞)です。

名詞を修飾するのは形容詞だけ?

「名詞を修飾するのは形容詞」と習いましたよね。でも名詞が名詞を修飾することもあるのをご存知ですか?(名詞の形容詞的用法と呼ばれます。)

 

 

形容詞は名詞の「特徴、性格、性質」などを説明します。例えばa tall boy は「背が高い男の子」という意味で、形容詞のtallが名詞のboyの特徴を表しています。

 

ところが、名詞の「内容」を説明するときは、形容詞ではなく名詞を前におきます。

 

名詞+名詞

1.  safety regulations  (安全規定)

規定の「内容」が「安全」、つまり「安全に関する規定」なので、「名詞+名詞」で表します。

 

ちなみにsafe regulations (形容詞+名詞)は、「安全な規定」という意味になってしまい、意味が不明瞭です。

2.  office appliances  (事務用機器)

 例えばuseful appliances(形容詞+名詞)のように「便利な」という「機器の特徴」ではなく、「オフィスで使う機器」という「機器の内容」を表すので「名詞+名詞」で表します。

 

 3.  convenience stores (コンビニ)

「何でもそろっていて便利な店」のことです。例えば便利な場所にあるという「店の特徴」ではなく、「店の中身が便利」なので、「名詞+名詞」で表します。

 

 

 文法といえば「覚えるしかない」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、理由がわかれば納得できますよね(^^♪

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。