お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

球団名の最後には "s" がついていますが、ついていない球団もあります

球団名

団体競技である野球チームの多くは、名前の最後に複数の "s" がついていますよね。

 

Giants

Tigers

Lions

Dragons

など

 

でも、ついていない球団が…

わりと有名な話なのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、Carps じゃなくて Carp なのには理由があります。

 

それは、carp (鯉) が「単複同形」だからです。

 

単複同形とは

通常、可算名詞の複数形の語尾には (e)s がつきますが、単数形も複数形も同じ単語があります。

 

carp もその仲間です。数えられますが、a carp / two carp / three carp のように単数でも複数でも carp です。

 

なんでも、球団側は最初 carps としていましたが、「単複同形だから、carp では?」という指摘を受けて修正したらしいです。

 

その他、sheep / salmon / deer / fish なども単複同形の可算名詞です。

 

共通点にお気づきですか?全て群れで行動していますよね。

 

発展編

単複同形には、常に "s" がつく単語もあります。

means (手段) / species (種) / series (シリーズ) など

一つでも、a means といいます。

 

4つの発音

複数形には次の4種類の音があります。

1.  【ts】 rabits  

2.  【s】 books

3.  【z】 workers

4.  【i:z】 watches 

 

 

英語において名詞の数が大切なことが、球団名からもわかりますね。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

よろしければ、こちらも参考にしてください。

 

www.keiko.work