お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の助動詞 (どちらが強い口調? should それとも had better ?)

shouldとhad better の意味

意味だけを覚えて使うと、失敗するケースがあります。shouldとhad betterもその一つです。

 

 

多くの辞書や文法書には以下のように訳されています。

should 「~すべきである」

had better  「~したほうがよい」

 

日本語だとshould が強くて、had better が控えめな言い方のように思えますよね。このイメージで使っている人も多いようです。

 

 

でも実はそうではないのです。特にhad better の使い方には注意が必要です。

 

shouldの意味

 

should は「~した方がいいと思う」という意味で、助言や提案を表すときに使える便利な助動詞です。威圧感はないようです。

 

この前にI think を加え、I think you should ~といえば、優しく助言でき、相手が嫌な思いをすることはないはずです。

 

had betterの意味

had better は「~しなさい」という意味で、命令の要素が強く、「さもないと大変なことになるよ」というニュアンスで使うことが多いそうです。

 

日本語の意味

最近は「使い方」についてきちんと説明されている辞書や文法書も多いため、間違って使う人が減るとは思いますが、きちんと注意書きを読まない人もいるかも・・・

 

それなら最初から正しいニュアンスの意味を覚えればいいのでは??

 

つまり

should 「~したほうがよい」

had better  「~すべきである(さもないと…)」

 

多くの場合、最初に覚えたことってなかなか抜けないので、できれば後から覚え直すのではなく、最初から正しく覚えるのが一番ですね。

 

 

最後にアドバイスです。

I think you should learn English with pleasure!!

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。