英語学習法や文法説明

私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

動詞と文型 

今回は動詞と文型の関係についてお伝えします。

 

次の文が正しいか間違っているか考えましょう。

 

間違っている場合は、正しい文に直しましょう。

 

問題

 1.   I think him attractive. 

 

 2.   I let her study abroad.

 

 3.   I thought him clean his room.

 

 4.  I suggested her my plan.

 

 5.  I agree that he is a nice guy.

 

 6.  I agree you about this matter.

 

 7.  I borrowed her this book.

 

 8.   Please contact this address.

 

 9.    He stood smiling.

 

10.   He stood happy.

 

 

 

解答と解説

1.   ○ I think him attractive

第5文型(SVOC)で、(C)に形容詞の attractive が置かれています。

 

 

2.   ○  I let her study abroad.

第5文型(SVOC)で、(C)に動詞の study が置かれています。

 

(C)に動詞を置く事ができる動詞:

次のような動詞に限られます。

 

使役動詞

make / have / let

 

知覚動詞

see / watch / look at / hear / listen to / notice / feel など

 

help

*動詞の原形を使うのは主に口語。to 不定詞を使うこともある。

 

 

3.   ×  I thought him clean his room.

第5文型(SVOC) のような文ですが、2. で述べたように、(C)に動詞を置くことができる述語動詞は限られています。

 

think は (C)に動詞を置く事はできません。

 

改善例

I thought that he (had) cleaned his room.

彼がしたと思われることを文で表しましょう。

 

 

第5文型の (C) については、こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

4.  ×  I suggested her my plan.

第4文型(SVOO) の文のようですが、suggest は SVOO の形をとりません。

 

改善例

I suggested my plan to her.

第3文型(SVO)の後に「前置詞+人」を続けましょう。

 

 

5.  ○  I agree that he is a nice guy.

第3文型(SVO) で、(O)にthat節が置かれています。

 

agree は that節を伴うときは、他動詞として使われます。

 

 

6.  ×  I agree you about this matter.

人や提案などに同意するという意味のとき、agree は自動詞として使われます。

 

改善例

I agree with you about this matter.

 

 

7.  ×  I borrowed her this book.

第4文型(SVOO) のようですが、borrow は SVOO の形をとりません。

 

改善例

I borrowed this book from her.

第3文型(SVO)の後に「前置詞+人」を続けましょう。

 

 

8.   × Please contact this address.

contactは目的語に人を伴います。

 

改善例

Please contact me at this address.

目的語に「人」を置き、「前置詞+名詞」を続けましょう。

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

9.  ○  He stood smiling.

通常 stand は(C)を伴いませんが、分詞を伴うことはできます。

 

 

10.  ×  He stood happy.

stand は(C) を伴いません。形容詞の happy が続くことはありません。

 

改善例

He stood happily.

副詞で修飾することはできます。

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

このように、それぞれの動詞によって後ろに伴う品詞が違うので、注意が必要です。

 

辞書などで確認しながら、一つ一つ正確に覚えましょう。

 

お勧め書籍↓

 

 

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work