お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

第3文型と第4文型の書き換え |前置詞| to / for / of

全ての文ではありませんが、多くの場合、第4文型(SVOO) の文を第3文型(SVO)の文に書きかえることができます。その際、「人」の前に前置詞が必要ですが、どの前置詞を使うかは動詞によって変わります。今回は前置詞についてお伝えします。

 

問題

次の英文(第4文型)を第3文型に書きかえる際、適切な前置詞を入れましょう。なお、第3文型に書きかえられない文も含まれています。

 

 1.  He bought his wife a ring.

      He bought a ring (       ) his wife.

 

 2.  I chose him this tie.

      I chose this tie (       ) him.

 

 3.  This camera cost me ¥100,000.

      This camera cost ¥100,000 (       ) me.

 

 4.  I handed her the letter.

      I handed the letter (       ) her.

 

 5.  Please lend me your notebook.

      Please lend your notebook (       ) me.

 

 6.  He asked me a few questions.

      He asked a few questions (       ) me.

 

 7.  Can I ask you a favor?

      Can I ask a favor (       ) you?

 

 8.  This machine has saved us a lot of time.

      This machine has saved a lot of time (       ) us.

 

 9.  Please bring me the paper.

      Please bring the paper (       ) me.

 

10.  She brought me a souvenir from Italy.

       She brought a souvenir from Italy (       ) me.

 

 

 

 

解答と解説

 

第3文型の「人」の前に用いる前置詞に注目すると、5種類あります。

1.to を用いる give 型の動詞

to ~は「方向」を表します。

原則的に、そこに「相手」がいなければ、その動作を行うことができない動詞と考えることができます。

give / send / hand / show / lend / tell / write / teach / pay / offer / pass など

 

 

2. for を用いる buy 型の動詞

for ~は「~のために」という意味です。

原則的に、そこに「相手」がいなくても、その動作を行うことができる動詞と考えることができます。

buy / choose / find / make / cook / get / save など

 

 

3. of を用いる動詞

ask のみ

ただし、限られた表現のみ

 

 

4. 第3文型の目的語の後ろに「前置詞+人」を伴うことができない動詞

cost / save / take(時間がかかる) など

 

 

5. to と for の両方を用いる動詞

「方向」を表す場合は to を、「~のために」という意味で使われる場合は for を用います。

bring to 人 「~の所まで持ってくる」

bring for 人 「~のために持ってきてくれる」

 

 

 

 1.  He bought his wife a ring.

      He bought a ring ( for   ) his wife.

 

 2.  I chose him this tie.

      I chose this tie (  for  ) him.

 

 

 3. This camera cost me ¥100,000.

       This camera cost ¥100,000 (       ) me.

      cost は後ろに「前置詞+人」を伴うことはできません。

      〇This camera cost ¥100,000.  (値段を目的語にすることはできます)

 

 

4.  I handed her the letter.

      I handed the letter (  to   ) her.

 

 

 5.  Please lend me your notebook.

      Please lend your notebook (  to     ) me.

 

 

 6.  He asked me a few questions.

      He asked a few questions (  of   ) me.

 

 

 7.  Can I ask you a favor?

      Can I ask a favor (  of   ) you?

 

ここ大事!

ask は第3文型では of を使うことに注意しましょう。

なお、堅い表現なので、「質問をした」という際、6. のように of を用いて第3文型で表されることはほとんどないようです。(第4文型が用いられます)

 

それに対し、7. のような表現は第3文型も第4文型も両方とも使われます。

 

 

 

 8.  This machine has saved us a lot of time.

      This machine has saved a lot of time (       ) us.

      save は後ろに「前置詞+人」を伴うことはできません。

      〇This machine has saved a lot of time.(時間やお金などを目的語にすることはできます)

 

 

 9.  Please bring me the paper.

      Please bring the paper (  to / for   ) me.

 単に方向を表すのなら to 、「私のために」という意味なら for

 

 

10.  She brought me a souvenir from Italy.

       She brought a souvenir from Italy (  to / for   ) me.

単に方向を表すのなら to、「私のために」という意味なら for

 

 

 

主にto / forが用いられますが、「どちらを用いるのかは意味によって違う」と考えると、区別しやすいですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

よろしければ、こちら↓も参考にしてください。

 

www.keiko.work

  

www.keiko.work