お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の第3文型と第4文型の違いについて |He gave me a watch. と He gave a watch to me. はどう違う?

学校で、第4文型 (SVOO) は第3文型 (SVO) に言い換えが可能(であることが多い)と習いましたよね。厳密には、微妙にニュアンスが違うそうです。

 

5文型

まずは簡単に復習です。英語において語順は非常に大切です。例えば、以下の2文を比べてみましょう。

 

1. You gave me a watch.

2. I gave you a watch.

 

1.の文は、日本語なら、「あなたは私に~をくれた」でも「私にあなたは~をくれた」でも、つまり、主語である「あなたは」がどの位置にきても、「~は」という助詞があるので、主語だということがわかりますよね。

 

ところが英語では、語順を間違うと正しく伝わりません(だから文型が大切!)。特に you は主格目的格も you なので、文中の位置を間違えると別の意味になってしまいます。

 

英語では主語文頭におくため、1.は you が主語、2.は I が主語だとわかりますよね。

 

英語の文は主語(S)述語動詞(V)目的語(O)補語(C)、の4つの要素で成り立っており、それぞれの要素は文の中の役割を表します。その組み合わせが5通りあり、それぞれ第1文型、第2文型、第3文型、第4文型、第5文型と呼ばれています。(詳しくは後日)

 

そして、それぞれの文の後に、修飾語と呼ばれる「副詞」や「前置詞+名詞」などが続くこともあります。

  

 第4文型(SVOO)

第4文型は目的語(動作や状態の対象)が2つ続きます。

基本的に」→「の順番です。

 

3-4.  He gave me a watch.

 

4-4.  He bought me a watch.

 

第3文型(SVO)

第3文型は 目的語(動作や状態の対象)が1つで、のどちらかが目的語になります(どちらかしか目的語にとらない動詞もあります)。

 

第4文型を第3文型に言い換えることも可能ですが、「」→「」の順番で目的語を2つ続けることはできません。その場合は「人」の前に前置詞が必要です。

 

「前置詞+名詞」は修飾語となるため(文の要素にはならないため)、文型は第3文型ということになります。

 

前置詞 (to それとも for)

 

人の前に to がくる動詞と for がくる動詞があります。

to の動詞 (方向を表し、対象者がいないと、その行為ができない動詞に多い

give  / tell / show / send  / teach など

 

for の動詞 (してあげるという意味があり、対象者がいなくても、その行為ができる動詞に多い

buy / make / cook / find / choose / get など

 

 

上の文を第3文型で書くと以下のようになります。

3-3.  He gave a watch to me.

 

4-3.  He bought a watch for me.

 

第3文型と4文型の比較

私が学校で習った頃は、ここで終わりでした。つまり、「第3文型と第4文型は言い換えが可能です」おわり!!

 

でも、「どう違うんだろう?」という疑問が…

 

語順が違うのですから、全く同じではなく、微妙にニュアンスが違うようです。

 

ここ大事!

英語は、相手が既に知っている情報(旧情報)を先に伝え、相手が知らない(であろう)情報(新情報)を後で伝える傾向があります。そして、新情報に重点を置いています

 

つまり、後にくる目的語を強調しているのです。

 

3-4.  He gave me a watch.

「時計」をくれたと強調

3-3.  He gave a watch to me.

「私に」くれたと強調

 

4-4.  He bought me a watch.

「時計」を買ってくれたと強調

4-3.  He bought a watch for me.

「私のために」買ってくれたと強調

 

 

微妙な違いではありますが、意図的に使い分けたいですね。

 

お読みいただき、ありがとうございます。