英語学習法や文法説明

私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

パンクチュエーション(句読点)の使い方

今回はパンクチュエーション(句読点)の使い方についてお伝えします。

 

次の文が正しいかどうか考えましょう。

 

間違っている場合は正しく直しましょう。

 

 

問題

1 Last week, I met Mike who lives in New York.

 

2.  The new project leader is I think very smart and reliable.

 

3.  She is a good teacher who I think is liked by everyone.

 

4.  I have been very busy these days, I need some break.

 

5.  "Safety" is most important.

 

6.  This is what he said, "Never give up".

 

 

 

解答と解説

 

1.  × Last week, I met Mike who lives in New York.

 

 → Last week, I met Mike, who lives in New York.

 

関係代名詞の限定用法(コンマなし) は、何人かいる〔いくつかある〕名詞の中から先行詞を限定するときに使います。

 

先行詞が固有名詞の場合は非限定用法(コンマあり)を用います。

 

非限定用法は、関係詞節の前で文が完結した後、先行詞についての情報を補足する用法です。

 

関係詞の非限定用法については、こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

 

2.  × The new project leader is I think very smart and reliable.

 

 →  The new project leader is, I think, very smart and reliable.

 

I think が文中に挿入されています。

このような場合、通例前後にコンマを置きます。

 

 

 

3.  She is a good teacher who I think is liked by everyone.

 

I think が関係代名詞の直後に挿入されています。

 

補足

関係詞節の中に次のような文が挿入されることがありますが、通例前後にコンマは置きません。

 

I think

I believe

I know

I hear

など

 

 

 

4.  × I have been very busy these days, I need some break.

 → I have been very busy these days, and  I need some break.

 → I have been very busy these days; I need some break.

 

コンマには2つの節(SVを含む2語以上) を繋ぐ役割はありません。

 

and などの接続詞、または等位接続詞の代わりをするセミコロン( ; ) を使いましょう。

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

 

5.  × "Safety" is most important.

 

 → Safety is most important.

 

日本語では、例えば「安全」のように「 」で単語を強調することがありますが、英語の引用符にはそのような使い方はありません。

 

引用符は、主に誰かの発言の内容本や記事、映画のタイトルなどを表す際に使います。

 

 

 

6.  × This is what he said, "Never give up".

 

 → This is what he said: "Never give up."

 

「つまり、すなわち」という意味で具体的な内容を示す前にコロン( : ) を使うのが自然です。

 

ピリオドは引用符の内側に打ちます。

 

補足

コンマも引用符の内側に打ちます。

"     ," said Tom.

 

コロンとセミコロンは外側に打ちます。

"     ": ~.

"     "; ~.

 

 

このようにパンクチュエーション(句読点)の使い方には一定の決まりがあります。

 

日本語と異なる場合もあるので、感覚で使うのではなく正しい使い方を覚えておきましょう。

 

お勧め書籍↓

 

 

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work