お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語のピリオドやコンマなどの句読点(パンクチュエーション)を正しく使いこなしましょう

ピリオド、コンマ、セミコロン、コロンなどの句読点にはそれぞれ役割があります。適当に感覚で使うことがないよう、正しい使い方を確認しておきましょう。今回はいくつかの句読点の主な役割を紹介します。

 

アポストロフィ- 

1.名詞の所有格

Tom's son

 

2.語句の短縮

I'll (← I will)  

it's (← it is)    

 

 

ここで問題

時期外れではありますが、次のどちらが正解でしょう。

 

Xmas

X'mas

 

クリスマスシーズンになると、最近は両方とも見かけます。その理由は、おそらく、間違えたまま使っている人と、間違いに気づいて正しく使っている人がいるためだと思います。

正解

数年前までは X'mas のようにアポストロフィーが書かれていることが多かったですよね。ところが、実はこれは間違っています

 

アポストロフィーは何かが省略されているときに用いられますが、この単語の場合、何も省略されていないのでアポストロフィーは不要なのです。

 

Christmas → Xmas

 

つまりChrist の代わりに X が用いられています。

なぜ Christ が X に???

Christ (クライスト) とはキリストのことです。

そして、一説によると X十字架を表しているそうです!!

 

 

ピリオド

1.平叙(肯定文と否定文)と命令文の最後

She looks happy.

 

2.省略されているとき

Nov. (←November)

Mr. (←Mister)

No. (←ラテン語のnumero / 英語は number)

 

No, 5 とピリオドではなくコンマが書かれているのを見た事があります。これではナンバーではなくYes の反対のノーになっています😭

 

コンマ

 1.2つの節(S+Vを含む語のかたまり)の区切り

When I was a child, I lived in NY.

 

2.2つ以上の語の区切り

He bought an apple, two oranges, and milk.

注)3つ以上を列挙する時はA and B and C のようにandを繰り返すのではなく、最後の単語の前だけandを用い、その他はコンマで区切ります。

 

3.挿入表現の前後

He, however, went there.

 

4.言い換えるとき

We can see a lot of hydrangeas, or “ajisai” in Japanese in June.

など

 

コロン

1.すなわちという意味

This is what you need: think again.

 

2.時間を表す際

12:30

 

セミコロン

1.等位接続詞(and / but / or / for) の代わり

I talked to her at the party; that was the first time I met her.

I had a good time at that time; therefore I want to go there again.

注)therefore は副詞なので、これだけでは2つの節を結ぶことはできない。

 

2.コンマより大きく、ピリオドより小さいまとまり

 He bought an apple, two oranges, and milk; and went home with his son.

 

 

コロンとセミコロンを間違って使っている文をよく見かけます。句読点を感覚で使うのではなく、正しい使い方を覚えましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございます。