英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文型 | 文型による意味の違い

今回は文型や動詞の意味上の主語などに注目してお伝えします。

 

問題

(  ) 内に適切な語を入れましょう。一語とは限りません。

 

また、全ての文は単文(「S+V」が一つだけ)です。

 

文型も考えてみましょう。

 

 

1.  (         ) attractive.

 彼は魅力的です。

 

2. (          ) attractive.

 私は、彼は魅力的だと思います。

 

3. (         ) attracive.

 彼女が彼を魅力的にしました。

 

4. (           ) ready.

 全て準備できています。

 

5.        ) ready.

 私たちは、全ての準備をしました。

 

6. (        ) study French.

 私はフランス語を勉強したいと思っています。

 

7. (        ) study French.

 私は彼にフランス語を勉強して欲しい。

 

8.  (        ) abroad when he was young.

 彼は若い頃留学しました。

 

9. (         ) abroad when he was young.

 彼の両親は彼が若い頃留学することを許しました。

 

10.        ) the street.

 彼は通りを横切りました。

 

11.        ) the street.

 私たちは、彼が通りを横切るのを見ました。

 

12. (        ) Tom. 

 彼はトムと呼ばれます。

 

13. (         ) Tom. 

 私たちは彼をトムと呼びます。

 

 

 

 

 

解答例と解説

 

1.  ( He  is  ) attractive.

 彼は魅力的です。

 

文型 (SVC)

 

attractive( C ) は he( S ) の説明をしています。

 

 

2.I think him  ) attractive.

 私は、彼は魅力的だと思います。

 

文型 (SVOC)

 

attractive ( C ) him( O ) の説明をしています。

 

 

この文は次のように複文(SVを2つ以上含み、主節と従属節から成り立つ文) で書くことも可能です。

 

2'.  I think that he is attractive.

 

 

比較

2. と 2'. を比較してみましょう。

 

両方ともほぼ同じ意味ですが、2. のように第文型 (SVOC) を使うと、単文でシンプルに表せます。

 

 

 

 3. ( She made him ) attracive.

 彼女が彼を魅力的にしました。

 

文型 (SVOC)

 

attractive ( C )him ( O ) の説明をしています。

 

第5文型で使われる make は「( O) を~にする」という意味です。

 

 

比較

1. 2. と3. を比較してみましょう。

 

3文とも、「彼が魅力的である」と伝えているのですが、2. と 3. はさらに次の情報が加わります。

 

2. は「誰がそう思うか

 

3. は「誰がそうしたか

 

 

 

4. (  Everything is  ) ready.

 全て準備できています。

 

文型 (SVC)

 

ready ( C )everything ( S ) の説明をしています。

 

 

 

5. ( We got everything ) ready.

 私たちは、全ての準備をしました。

 

文型 (SVOC)

 

ready ( C ) everything ( O ) の説明をしています。

 

第5文型で使われる get は「( O) を~にする」という意味です。 

 

 

比較

4. 5. を比較してみましょう

 

両分とも「全て準備が整っている」と伝えています。

 

5. は「誰がそうしたか」という情報が加わります。

 

 

 

6. ( I want to ) study French.

 私はフランス語を勉強したいと思っています。

 

文型 (SVO)

 

to study French は不定詞の名詞的用法

 

study意味上の主語は、文の主語と同じ I( S )

*不定詞は動詞の要素も持っているため、意味上の主語があります。

 

 

注意

I think I want to ~としないようにしましょう。

want に「思う」の意味も含まれます。

 

 

 

7. ( I want him to ) study French.

 私は彼にフランス語を勉強して欲しい。

 

SVO + to 不定詞

(O が to不定詞の意味上の主語です)

 

study の意味上の主語は him( O )

 

 

比較

6. 7.study意味上の主語が異なります。

 

6.思っているのも、勉強するのも I( S ) 

 

7.思っているのは I( S )、勉強するのは him ( O )

 

 

 

8.  ( He studied ) abroad when he was young.

* sutdy abroad: 留学する

 彼は若い頃留学しました。

 

1文型 (SV)

 

he ( S )study しました。

 

abroad は副詞なので、文の要素になりません。

 

 

9. ( His parents let him study ) abroad when he was young.

 彼の両親は彼が若い頃留学することを許しました。

 

5文型 (SVOC)

 

study の意味上の主語は him(O)

 

 

比較

8.9. を比較してみましょう。

 

両方とも彼が留学したと伝えています。

 

9. はさらに「彼の両親がそれを許した」という情報が加わります。

 

 

 

10. ( He crossed ) the street.

 

 彼は通りを横切りました。

 

3文型 (SVO)

 

the street( O ) は crossという動作の対象になっています。

 

he( S ) が cross しました。

 

 

 

11. ( We saw him cross ) the street.

 

 私たちは、彼が通りを横切るのを見ました。

 

文型 (SVOC)

 

the street ( O ) はcrossという動作の対象になっています。

 

him( O ) が cross しました。

 

 

比較

10. 11.  を比較してみましょう。

両文とも、「彼が通りを横切った」と伝えています。

 

11. はさらに「私たちがその様子を見た」という情報が加わります。

 

 

ここ大事

7.9.11. のように、 O の後に、to 不定詞、動詞の原形、現在分詞、過去分詞などの色々な形の動詞が続く場合があります。

 

この場合の述語動詞は限られています。

 

詳しくはこちら↓を参考にしてください。 

www.keiko.work

 

 

 

12. ( He is called ) Tom.

 

 彼はトムと呼ばれます。

 

2文型 (SVC)

 

「be動詞+過去分詞」の形で受動態を表します。

 

Tom( C ) は he ( S ) の説明をしています。

 

 

13. ( We call him ) Tom.

 

 私たちは彼をトムと呼びます。

 

5文型 (SVOC)

 

Tom( C )him( O ) の説明をしています。

 

 

比較

12.13. を比較してみましょう。

 

両文とも彼がトムと呼ばれていると伝えています。

 

13. は「私たちがそう呼んでいる」という情報が加わります。

 

 

5文型

文型がうまく使えたでしょうか。

 

英→日、日→英、共に第5文型の間違いが多いので、難しかった方は、この機会に使い方を確認しておきましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

文型については、こちら↓も参考にしてください。www.keiko.work

 

お勧め書籍↓

 

 

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work