英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文型とは |第2文型(SVC)で使う動詞 ー  be動詞だけではありません

英語の文は、主語(S)述語動詞(V)目的語(O)補語(C)の4つの組み合わせで成り立っています。この4つを文の要素と呼びます。

 

それぞれの要素に使われる品詞は決まっています。

品詞についてはこちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

 

5文型

「文の要素」の並べ方が5通りあり、それを5文型と呼びます。

それぞれの並べ方は以下の通りです。

第1文型(SV)

第2文型(SVC)

第3文型(SVO)

第4文型(SVOO)

第5文型(SVOC)

 

使われる動詞について:

この動詞は第1文型、この動詞は第3文型のように、動詞によってどの文型をとるかが決まっています。

 

別の言い方をすると、動詞によってどの要素が続くかが決まっています。

(一種類とは限りません。)

 

それぞれの要素に使われる品詞は決まっているので、動詞によってどの品詞が続くかが決まっているということもできます。

 

複数の文型で使われる動詞も多く、文型が違うと意味が変わる動詞も多いため、文型も意識して意味を覚えるようにしましょう。

 

文型によって意味が変わる動詞については、こちら↓を参考にしてください。 

www.keiko.work

 

 

それぞれの要素に使われる品詞と役割:

主語(S) / 名詞  「~は」「~が」にあたる語 

 

述語動詞(V) / 動詞  「~だ」「~する」にあたる語

 

目的語(O) / 名詞  動作などの対象になる。「~を」「~に」にあたる語

 

補語(C) / 名詞・形容詞(特定の動詞のときだけ動詞) 

(第2文型の場合は)主語、(第5文型の場合は)目的語の説明をする語

 

それぞれの文の後に、修飾語と呼ばれる「副詞(句/節)」や「前置詞+名詞」などが続くこともあります。

 

今回は第2文型についてお伝えします。

 

問題

次の文は全て第2文型です。空欄に適切な語を入れましょう。

最初の文字が書かれている場合もあります。

 

1. I (       ) (        ).

私は忙しいです。

 

 2. That ( s      ) ( n       ).

それはいいですね。

 

 3. This cake (         )  (          ).

このケーキは甘いにおいがします。

 

 4. The problem (  r           ) ( u          ).

その問題は未解決のままでした。

 

 5. Leaves (     ) ( r      )  and ( y         ) in the fall.

秋には葉が紅葉します。

 

 6. Please (  k         ) ( q          ).

ずっと静かにしていてください。

 

 7. He (           ) (          ).

彼は疲れているようでした。

 

 8. My dream (          ) (           ).

私の夢がかないました。

 

 9. It is (            ) (           ).

だんだん暖かくなってきています。

 

10. This dish (     ) a little (           ).

この料理は少し変な味がします。

 

11. The company (          ) (             ) last month.

その会社は先月倒産しました。

 

12. He (     ) a (             ).

彼は教師になりました。

 

解答と解説

第2文型の補語(C) は、主語(S)の説明をしています。

 

第2文型で使われる動詞は以下の通りです。

A 状態を表す動詞

(1. be動詞 / 4. remain / 6. keep など)

B 様子を表す動詞

(7. look / 7. seem など)

C 感覚を表す動詞

(2. sound / 3. smell / 10. tasteなど )

D 変化を表す動詞

(5. turn / 8. come / 9. get / 9. grow / 9. become / 11. go / 12. becomeなど)

 

 

 1. Iam  ) ( busy  ).

私は忙しいです。

be動詞:~です

 

 2. That ( sounds ) ( nice  ).

それはいいですね。

sound: ~に聞こえる

 

 3. This cake smells  ) ( sweet ).

このケーキは甘いにおいがします。

smell: ~のにおいがする

 

 4. The problemremained  )  (unsolved ).

その問題は未解決のままでした。

remain: ~のままである

 

 5. Leaves ( turn  ) ( red  ) and  ( yellow ) in the fall.

秋には葉が紅葉します。

turn: ~に変わる

 

 6. Please (  keep  ) ( quiet  ).

ずっと静かにしていてください。

keep: ~のままである

 

 7. Helooked / seemed  ) ( tired  ).

彼は疲れているようでした。

look / seem: ~に見える

 

 8. My dream came   ) ( true  ).

私の夢がかないました。

 

come は場所を表す語句を伴うと「来る」という意味ですが、形容詞を伴って「~になる」という意味でも使われます。

 

 9. It is ( getting / growing / becoming ) ( warmer ).

だんだん暖かくなってきています。

get / grow / become: ~になる

 

10. This dish ( tastes ) a little ( strange ).

この料理は少し変な味がします。

taste: ~の味がする

 

11. The companywent  ) ( bankrupt ) last month.

その会社は先月倒産しました。

 

go は場所を表す語句を伴うと「行く」という意味ですが、形容詞を伴って「~になる」という意味でも使われます。通常良くない変化を表します。

 

12. He ( became  ) ( teacher  ).

彼は教師になりました。

become: ~になる

 

 

第2文型の補語に形容詞をおく動詞が多く、1~11は「自動詞+形容詞」です。

 

名詞を使う動詞は

be動詞、become、seem、remain

のような限られた動詞だけです。

12は「自動詞+名詞」です。

 

第2文型で使う動詞自体が限られているので、この機会に覚えてしまいましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

超お勧めです↓

 

↑by 米津玄師

「馬と鹿」(ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のテーマ曲)など、素敵な曲がたくさんです。

 

よろしければこちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jpお勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work