お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英単語の覚え方②

 発音も確認しましょう

単語を覚えるときには、必ず発音も確認しましょう

 

ご存知のように、英語は同じ文字でも単語によって読み方が違います。わかりやすくカタカナで書くと、例えば「o」は「オ」と発音することもあれば「ア」と発音することもあります。

 

よくある間違いは

walk (歩く)をゥワー

work(働く)をゥオー

と発音する間違い(正しくは逆)。

これは初心者だけでなく、中級レベルの人にも、わりとよくある間違いです。

 

じゃあ、「al」は「ゥオー」と発音すると覚えればいいのかというと、そうとは限りません。例えばalmondは「アーモンドゥッ」のように発音します。

 

comfortableの発音

 かなりレベルが高い人の中にもcomfortableが正しく読めない人がいらっしゃいます。真面目な顔で(冗談ではなく)、「コンフォテーブル」と言われると、「どんなテーブル???」と頭の中はプチパニック!

 

確かに、com+tableだからそうなるのもうなずける。でも、それではほぼ間違いなく通じません。(正しくはカンファタブルのように発音します。)

 

他にもbothを「ボス」と発音する人、とても多いです。thが難しいのはわかるけれど、せめて「ボ」ではなく「ボゥ」のように二重母音にしなければ、ほぼ通じないと思います。

 

同じようにfatherを「ファザー」と言う人もとても多いです。faとしか書かれていませんが「ファー」のように伸ばします。「f」と「th」が難しいけれど、「ファ」ではなく「ファー」と伸ばしていれば、通じる可能性大です。

 

 

英単語の読み方

 日本語は「あ」は「あ」以外の読み方はありませんが、英語は単語によって読み方が変わるので、要注意です。

 

前述の例のような中学校で習う比較的簡単な単語でも、正しく発音できている人ばかりではないのです。

 

最初に覚えたことはなかなか修正できないので、理想は最初から正しい発音を覚えること。そして間違えて覚えてしまっている場合は、根気よく覚え直しましょう。

 

独自の読み方では通じない可能性が高くなってしまいます。英語を話すのは相手に理解してもらうためですから、少しでも正しい発音に近づけるようにしましょう。