英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語学習法 |リスニング力を伸ばすために有効な練習法 | シャドーイング | オーバーラッピング | リピート | 音読

英語学習における悩みは人それぞれですが、中でも圧倒的に多いのがリスニングが難しいということです。今回はリスニング力アップに効く学習法についてお伝えします。

 

「リスニング力を上げたいのだから、とにかくリスニングの量を増やせばいい」というわけではありません。

 

もちろん英語圏で暮らしているなどの理由で、一日中英語を聞いているのなら話は別ですが、日本で暮らしながら伸ばす場合はもっと効率的な方法があります。

 

もちろん、たくさん聞くことも大切ですが、「自分が発音できない音は聞き取りにくい」という説もあるので、しっかり声に出して練習することがリスニング力アップに繋がります。当然スピーキングアップにも繋がるので一石二鳥です。

 

今回は、自分で声に出して練習する方法をいくつか紹介します。

 

シャドーイング

英語学習者がリスニング力アップのためにやっていることとしてよく耳にするのが「シャドーイング」です。(文字なしで)音声を聞きながら少し遅れて(影のように)自分も発話する方法です。色々な方が勧めているので、ご存知の方も多いと思います。

 

リスニング力だけでなくスピーキング力も伸ばすことができるので、とても有効な方法ですが、誰にでも有効とは言えないようようです。

 

なぜなら、この方法は元々通訳者の練習法として考えられたということからも分かるように、とにかく難しいのです。

 

上級者には有効な練習法ですが、初・中級者が実践する場合は以下のような工夫が必要です。

1.予め文章を熟読し、内容を理解したうえで取り組む

2.とてもとても簡単な文章を選ぶ

3.または、レベルアップするまでは他の練習法で力を伸ばす

 

 

リピート

初・中級者でも気楽にできるのがリピートです。模範音声とまったく同じように話すつもりで、以下のようなことに注意しながらリピートしましょう。

 

1.それぞれの単語の発音やアクセント

我流で発音していると、ネイティブスピーカーにはわかってもらえないと思います。カタカナではなく、耳で聞いた通りに発音しましょう。

 

2.音声ルール

英語は一語一語区切るのではなく、2~3語が連結したり、最後の子音が脱落するなどのルールがあります。これらのルールを知らずに聞くと「なんと言っているのかさっぱりわからない」ということになってしまいます。

 

英語の先生が「聞こえないんじゃない、最初から言ってないんだ!」とおっしゃっているCMがありますよね。そういうことなのです。

 

 

音読

模範音声を何度も聴いたら、一人で音読練習をするのもお勧めです。

自分のペースで何度も練習しましょう。

 

 

オーバーラッピング

リピートや音読練習で自信がついたら、オーバーラッピングにもチャレンジしてみましょう。これは、模範音声にぴったり合わせて発話する練習です。音声よりも早すぎても遅すぎてもだめです。ぴったり合わせることができるということは、ネイティブスピーカーにとっても聞きやすい話し方ができているということです。

 

 

このような練習を繰り返し、ネイティブスピーカーと同じように話すことができれば(必ずしも完璧でなくても大丈夫です)、かなり聞きやすくなります。

 

 

私もリスニング力を伸ばすため、とにかくたくさん聞こうとした時期があり、CNN、abc、BBC、などのニュースや、映画、洋楽、ラジオの英語番組、などなど、とにかくあれこれ聞きまくっていました。

 

無駄ではなかったと思いますが、時間をかけたわりには、力がつかなかったような気がします。

 

やみくもに聞くのではなく、効率的に練習しリスニング力を伸ばしていきましょう。

 

よろしければこちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

keikoringbasic.hatenablog.jp

お勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work