お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語における自動詞と他動詞の区別の大切さ⑤ (自動詞と間違えやすい他動詞)

自動詞と他動詞の違いについての5回目です。今回は自動詞と間違えやすい他動詞についてです。

 

 他動詞なので、目的語の前に前置詞は不要です

自動詞と間違えて前置詞を加えてしまう間違いが多い他動詞を、いくつか挙げますので、この機会に確認しておきましょう。

 

✖   We discussed about it.

〇  We discussed it.   (~について議論する)

 

✖   He mentioned about it.

〇   He mentioned it.   (~について話す)

 

✖   We reached at the office.

〇   We reached the office.   (~に到着する)

注) arrive (到着する) は自動詞

 

✖   He entered into that tall building.

〇   He entered that tall building.   (~に入る)

注) (~を始める)はintoが必要(例:enter into negotiations)

 

✖   She resembles to her sister.

〇   She resembles her sister.   (~に似ている)

 

✖   She married with a novelist.

〇   She married a novelist.   (~と結婚する)

 

✖   They approached to the town.

〇   They approached the town.  (~に近づく)

 

✖   Please answer to the question.

〇   Please answer the question.   (~に答える)

注)  reply (答える) は自動詞

 

✖   We considered about all the possibilities.

〇   We considered all the possibilities.   (~を考慮する)

 

前置詞があっても意味は通じますが、なるべく正しく使いたいですね(^_-)-☆

 

お読みいただき、ありがとうございます。