お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語における自動詞と他動詞の区別の大切さ③

自動詞と他動詞の違いについての3回目です。今回は自動詞と他動詞で意味が違う動詞についてです。

 自動詞と他動詞で意味が違う動詞

自動詞とは目的語を伴わない動詞、他動詞とは目的語を伴う動詞ですよね。

 

 次の動詞は、同じ動詞でも自動詞として使われる場合と他動詞として使われる場合があり、意味が異なります。後ろに目的語が続いているか(他動詞)、続いていないか(自動詞)を確認して意味を考えましょう。

 

 1.  I had to stand all the way on the train.  (立つ)

 2.  I cannot stand this heat any more.   (~を我慢する)

 

 3.  He runs in the park every morning.   (走る)

 4.  He runs a hotel in NY.   (~を経営する)

 

 5.  They submitted to authority.   (屈する)

 6.  They submitted a report.   (~を提出する)

 

 7.  He will become a good actor.   (なる)

 8.  This white dress becomes her very well.   (~に似合う)

 

 9.  Either will do.  (Which would you like?などの返答)

     (間に合う、結構だ)

10.  Do your homework.   (~を行う)

 

11.  Are you being attended to?   (応対する、世話をする)

12.  He will attend a meeting this afternoon.  (~に出席する)

 

自動詞と他動詞のそれぞれの意味を覚えて使いこなしましょう!

 

お読みいただき、ありがとうございます。