英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

色々な意味を持つ動詞① | 文型 | 熟語 


新年あけましておめでとうございます。

今年も少しずつ投稿を続けていきますので、英語学習に役立てていただければ幸いです(^^♪。

 

今回は色々な意味がある動詞についてお伝えします。

 

同じ動詞でも、後ろにどんな品詞が続くかによって(文型によって)意味が変わる場合があります。

 

また、熟語として特定の意味を持つ場合もあります。

*複数の英単語がひとかたまりとなって、一つの意味を表すものを熟語といいます。

 

 

品詞については、こちら↓を参考にしてください。 

www.keiko.work

文型については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

問題

1~7に共通の動詞を、適切な形に変えて空欄に入れましょう。

それぞれの文の意味も考えましょう。

 

1  If you try, you can (        ) it.

  

2   We've (         ) a big mistake.

 

3  She could not (        ) herself heard in the discussion.

 

She will (        ) a good teacher. 

 

I worked hard to (         ) up for the lost time.

  

She could not  (       ) a living as a singer.

 

7  "What time shall we meet?" "Let's (       ) it 3:00."

 

 

  

 解答と解説

1  If you try, you can (  make  ) it.

 なせば成る(やってみたら、できますよ)。

 

make it

1. 成功する

2. 間に合う

3. たどり着く

など

 

 

2   We've (  made   ) a big mistake.

 

 

私たちはひどい間違いをしてしまいました。

make a mistake:

間違う

過ちを犯す 

 

ここ大事!

make の後に「行為を表す名詞」を伴い、「~をする」という意味になります。

 

その他の例:

返事をする  make an answer / a reply 

準備する  make arrangements 

電話をする  make a (phone) call  

選択する  make a choice 

発言する  make a comment 

決定する  make a decision  

努力する  make an effort 

言い訳をする  make an excuse 

急ぐ  make haste

止まる  make a pause

上達する  make a progress 

約束する  make a promise

演説する  make a speech

出発する  make a start 

提案する  make a suggestion/proposal  

曲がる  make a turn

~へ行く  make a visit 

 

 

3  She could not (  make  ) herself heard in the discussion.

彼女は討論で自分の考えを聞いてもらうことができませんでした。

 

make: 第5文型(SVOC)で、O (herself) をC (heard) の状態にさせる

 

 

She will ( make ) a good teacher. 

彼女は良い教師になるでしょう。

 

make+O(名詞):

~になる(素質がある)

 

 

I worked hard to ( make ) up for the lost time.

時間の遅れを取り戻そうと一生懸命取り組みました。

 

make up for:

~を補う

 

 

She could not  ( make ) a living as a singer.

彼女は歌手として生活していけませんでした。

 

make a living:

生計を立てる

 

 

7  "What time shall we meet?" "Let's ( make ) it 3:00."

「何時に会いましょうか?」「3時にしましょう。」

 

make + O + C:

O をC と決める

*この意味では C には名詞しか来ません。

 

 

make は「作る」以外にも色々な意味で使われます。

基本的な動詞なので、使いこなせると便利です。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

シェアします↓。

 

お勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work