お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

How are you? の返答 |Fine, thank you. 以外の表現

海外で体調が悪い時に"How are you?" と聞かれた途端、"Fine, thank you. And you?" と言ってしまったという笑い話があるくらい、(I'm) fine, thank you.  は日本人にお馴染みですよね。今回はその他の表現をご紹介します。

 

以前も書きましたが、ネイティブスピーカーも本気で相手の体調を心配してHow are you? と尋ねているわけではなく、単なる習慣として言っている場合が多いそうです。感覚的には「こんにちは」と同じようなものだと言っている人もいましたよ。

 

あるネイティブスピーカーに「いつも同じ答えばかりになってしまうんだけど、どう返答すればいいの?」と相談すると、その人は「 I'm hungry.  でも  I'm sleepy.  でも何でもいいので、今感じている事を言えばいい」と教えてくれました。

 

でも、別のネイティブスピーカーは、「大人なんだから I'm tired. とか I'm sleepy. などと言うのは相手に失礼だ」と言っていました。やはり、相手次第ですね。

 

いずれにしても、いつも同じ受け答えではなく、色々なパターンを使いこなしたいですね。

 

尋ね方

How are you?

How are you doing?

How are you getting on? 調子はどう?

How's it going?

How's everything?

How's everything going?

How've you been?

What's up?  変わったことある?

What's new?

 

What's wrong? どうしたの?どこが悪いの?

 

 

答え方

Couldn't be better.  絶好調

Perfect!

Better than ever. これまでにないくらい調子がいい

I'm good.

I'm fine, thank you.

Fine, thanks.

Pretty good, thanks.

 

Not bad. 結構いいよ

Good.

I'm OK.

Not too bad. まあまあ

Can't complain.  まあまあ

 

Nothing special.

Nothing in particular.

Same as usual.

 

I'm not very good today.

I don't feel well.

Pretty bad.

Couldn't be worse.   最悪!

 

 

自分が答えたら相手に聞き返しましょう。

And you?

What about you?

How about you?

注) What about you? と How about you? はほぼ同じ意味です。…と多くの辞書や文法書に書かれていますが、「相手の気持ちを問う際はHow about you? が好まれる傾向があり、状況を聞きたいときには What about you? が好まれる傾向がある」と書かれている文法書もあります。

 

 

いくつかの表現を覚えておくと咄嗟に使えるので便利ですね。特にビジネスの場では、たとえあまり体調がよくなくても「調子いいと言うのがマナーだ」と考えている人が多いようです。

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

 

よろしければ、こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

「そもそもどうして How are you?っていうの?」 についてはこちら↓

www.keiko.work