英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語でどう言うんだろう?と思ったとき ② |「よろしくお願いします」|文化の違い

「~って英語でどういうんだろう?」と思ったとき、すぐに適切な表現が思い浮かばなくて困ったことはありませんか?今回も「和→英」に挑戦してみましょう。

 

問題

英語で言ってみましょう。

 1.

よろしくお願いします

 

 2.

お疲れさまです

 

 3.

いただきます

 

 4.

ごちそうさま

 

 5.

いってきます

 

 6.

ただいま

 

 7.

おかえり

 8.

よいしょ(かけ声)

 

 9.

頑張って

10.

おめでとう

 

11.

やったー

 

12.

おっと(軽く狼狽したとき)

 

 

解答例と解説

状況次第で色々な訳が考えられます。

また、そもそもそのような表現を使わない場合が多いことにも注意しましょう。

 

1.

よろしくお願いします

初めて会った人に

Nice to meet you.

I'm looking forward to working with you. など

 

別れ際に

Nice meeting you.

Let's keep in touch. など

 

何かをお願いするとき

Thanks.

Thank you for your help.

Thank you in advance. など

 

会議などの席で
Thank you for joining us.
I appreciate your coming over. など

 


2. 

お疲れさまです
Have a good night.

See you tomorrow.

That was a great work.
I hope your business trip went well. など


3. 

いただきます

何も言わずに食べ始める人もいれば、お祈りをする人もいます。

I'm starving. Let's eat.

This looks delicious.

Let's pray before the meal.

(食前のお祈りをしましょう)

など



4.

ごちそうさま

何も言わない場合もあります。
That was delicious.

I've enjoyed the meal very much.

Thank you for the delicious meal.
I'm done.
I'm stuffed. I cannot eat any more. など


5.

いってきます

何も言わない場合もあります。

I'm leaving. 

Bye, Mom. など


6. 

ただいま

何も言わない場合もあります。

Hi, Mom.

I'm back.

I'm home. など

 

7.

おかえり

何も言わない場合もあります。

Welcome back.

How was your day? など

 

8.

よいしょ(かけ声)

外国人にとっては謎の言葉のようです(^^♪

good book(良い書)???と考える人もいました(笑)。

 

外国人がカバンを持ちあげながら「よいしょ」と言っているのを聞いたことがあります。とても微笑ましかったです。でも、ちょっと頑張って使ってますという感じが否めませんでした(笑)。

 

皆が言うわけではありませんが、

oops-a-daisyなどと言うことがあるようです。

 

9. 

頑張って
Good luck. I'll keep my fingers crossed.
I'm sure you can do it.
Hang in there. (諦めずに頑張って)
Do your best. ((結果がどうであれ)できるだけ頑張って)

 

10. 

おめでとう

目標を達成したり、誕生日や結婚などの特別なことを祝うとき

Congratulations!

注意

最後の s を忘れずに!

 

軽く「よかったね」という意味で使うとき

Good for you.

You must be happy about that.

Lucky you. (いいな)

注意

軽く「それは良かったね」というべき場面でもCongratulation.(s抜け多し)と言っている人が多いので要注意です!

 

 

11. 

やったー

Hurray/Hooray!

I did it.

(That' the) way to go. (人に対して)その調子だ/よくやった

 

12.

おっと(軽く狼狽したとき)

Oops!

「おっと」「しまった」「やっちゃった」などと言う場面で自然に Opps! と言えたら自然な会話に一歩近づけるかも(笑)。

 

日本人にとっては当然でも、英語圏に住む人は使わない表現もあります。

文化の違いにも注意が必要ですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

よろしければこちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jpお勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work