お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の「みる」の違いについて(see / watch / look at)

watch と see

同じ「映画を観る」でも動詞が変わると状況も違います。以下の2文を比べてみてください。

 友達と、ある映画について話しているとします。そこで友達がこう言いました。

1.  I watched the movie.

2.  I saw the movie.

 

実際には「どこで」、「いつ」、「誰と」などの情報が続くことが多いのですが、今は動詞だけに注目しましょう。

 

どこで映画を観たのでしょう

watch意識を向けて動いているものを観察したり、じっと見るときに使われます。

1.  は、小さなテレビ画面を(見ようと意識して)映画を観たことがわかります。つまり、自宅で観たと思われます。

 

see 視界に入ってくるという意味で、何かを見ようと意識するのではなく、ただ目を開けていれば自然に見えるときに使います。

2. は 、意識しなくても視界に入ってきたのですから、大きなスクリーンで観たことがわかります。つまり、映画館で観たと思われます。

 

watchlook at

次の2文も状況が違います。

3.  She watched the man.

4.  She looket at the man.

 

どんな風に見たのでしょう

watch意識を向けて動いているものを観察したり、じっと見るときに使われます。

3. はその男性のことをじっくり観察したことがわかります。

 

look at は意識を向けて、静止している人や物を見る時に使われます。

4. は顔の向きを変えるなどして、その男性の方をちらっと見たことがわかります。

 

 

see と look at

状況に応じて動詞を使い分けましょう。

5.  We can see a lot of stars in the sky.

6.  Look at the stars in the sky.

 

see 視界に入ってくるという意味で、何かを見ようと意識するのではなく、ただ目を開けていれば自然に見えるときに使います。

5. は特に意識しなくても星が見える状況を伝えています。

 

look at は意識を向けて、静止している人や物を見る時に使われます。

6. は空を見上げるなどして、意識して星を見て欲しいときに使う表現です。

 

 

まとめ

watch意識を向けて動いているものを観察したり、じっと見るときに使われます。

see 視界に入ってくるという意味で、何かを見ようと意識するのではなく、ただ目を開けていれば自然に見えるときに使います。

look at は意識を向けて、静止している人や物を見る時に使われます。

 

 

3つの動詞を状況に応じて使い分けましょう。

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。