お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

外国人英語講師と日本人英語講師

それぞれ一長一短あります

これまでに何度も「英語を習いたいけれど、外国人講師と日本人講師のどちらがいいのでしょうか。」という質問を受けてきました。

 

 講師にも色々な人がいるので、一概にはいえませんが、「生徒の年齢、レベル、目的、そして性格」を考えて選べばよいのではないでしょうか。

 

「教えられる側」と「教える側」の両方を経験して感じたことをお伝えしますので、参考にしていただければ嬉しいです。

 

なお、講師の人間性が重要なのは、いうまでもありません。

 

それぞれの特徴

講師にも当然個人差があるので一概にはいえないですし、必ずしも全員がそうだというわけではないのですが、一般的には以下のような特徴があるようです。

 

ネイティブ講師

語彙が豊富で自然な英語を話す → 色々な表現を教えてもらえる

発音がきれい → 自分の発音も良くなりがち

(文化的なことなど)話題が豊富 → 英語以外の知識も身につく  など

 

その反面(全員ではありません)

講師ばかり話し、生徒が話す機会が少なくなりがち

生徒にリスニング力がない場合、何を話しているのかさっぱりわからない

外国語を学んだ経験がない講師の場合、生徒の気持ちがわからない   など

 

日本人講師

自分も経験してきたことなので生徒の気持ちがわかる → 色々フォローしてもらえる

外国語の学習法をよく知っている → 効率的に学べる

常時またはいざとなったら日本語で説明してもらえる → 理解しやすい

 

その反面、ネイティブスピーカーと比べると(全員ではありません)

語彙が少ない場合がある → 決まったことしか教えてもらえない

発音が自然でない場合がある → 間違った発音やアクセントを覚える可能性がある

話題が限られている場合がある → 英語以外の知識を得る機会が少ない   など

 

 

お勧めは

誰でも思いつくことかもしれませんが、お勧めは両方のいいとこどりです(^^♪

同時期に両方でもいいですし、年齢やレベルによって変えてもいいと思います。

 

 

子どもの場合

外国人講師から習うメリットはたくさんあります。ゲームなどを通して楽しみながら学習することで、英語に対してよいイメージを持つことが多いようですし、外国人に対して変に構えることもなくなり、自然な形で英語学習をスタートできると思います。(一般的に、日本人講師より月謝は高めです。)

 

ただし注意すべき点もあります。個人で経営している外国人講師に習っていた子どもに、お母さんが「今日は何をしたの?」と聞いても毎回「なんか、ゲームした」としか答えず、英単語もフレーズも全く身に付かなかったそうです。

 

ネイティブ講師から自然な会話を学ぶことはいいことだと思いますが、せっかく習っているのですから、ただゲームをして楽しかっただけではなく、「きちんとカリキュラムがあって、系統立てて教えているのか」ということは確認すべきだと思います。

 

余談ですが、あるネイティブスピーカーがこんな風に言っていました。「日本人はネイティブスピーカーが好きだから、ネイティブスピーカーというだけで英語を教えてもらいたがる。高校生に時給1万円(!)で教えてるよ。」

 

それを聞いたときは、その人にではなく、そんな大金を払っている日本人にがっかりしました。それだけの価値があるのならいいのですが、その人の仕事ぶりを知っている私にはそうは思えませんでした。

 

当然のことですが、ネイティブスピーカーが全員いい講師とは限りません。

 

 

 日本人講師に教えてもらう場合は、その人の学習履歴や、発音も含めた英語力は確認したいところですね。ただし、子ども相手の場合、必ずしも高い英語力は必要ありません。子どもの扱いに慣れているかなども大切なポイントです。

 

特に大手の教室の場合、講師の英語力(低い場合もあるようです)や指導力に個人差があることが多いので、要チェックです。

 

 

大人の場合

初級レベルの人は、まず日本人講師と共に、簡単な単語や文法の復習をすることをお勧めします。いきなりネイティブスピーカーとレッスンをするのは、気が重いだけでなく、非効率的だと思います。(子どもと違って、ゲームだけをするわけにはいかないですよね。)

 

中級レベル以上の人は、ネィティブスピーカーとの自然な会話を楽しんではいかがでしょう。

 

ただし、まだスラスラと英語が出てこない、語彙不足、文法がよく分からない、などという場合は、独学でまたは日本人講師と共に基礎力を磨くことも取り入れる方が、効率的に力をつけていけると思います。

 

チェックポイント

 (ネイティブ講師も含めて)必ずしも「英語力が高い=いい講師」とは限りません。名選手が全員名監督になるわけではないように、自分ができることと教えることは別物なので、「英語力が高ければ高いほどいいというわけではない」と思います。

 

生徒の年齢やレベルに適した一定以上の英語力があるのなら、指導力がチェックポイントだと思います。

 

 

以上、あくまで私見ですが、参考にしていただければ幸いです。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

 

よろしければ、こちらも参考にしてください。

www.keiko.work

 

www.keiko.work

 

www.keiko.work

  

www.keiko.work