お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

juice / drink / beverage / a cup of / a glass of の使い分け

ジュースとjuice

ご存知の方も多いと思いますが、一応確認です。

果汁30%のジュースを英語でいうと?

 

 

(30%) fruit drink

 

juice という単語は使いません。

 

juice とは果汁や野菜をしぼったままの状態を表します。

 

つまり果汁100%以外はjuiceとは呼びません

 

drink

一般的な飲料はdrinkで表せます。アルコール飲料、水や炭酸飲料などの飲料が含まれます。

 

なお、動詞として使う場合、Don't drink and drive.(飲んだら飲むな) のように「何を飲むか」書かれていない場合は「お酒を飲む」という意味です。日本語と同じですね。

 

soft drink

アルコールを含まない飲み物はsoft drinkと呼ばれます。

softといえば、「柔らかい、穏やかな」などの意味が思い浮かびますが、この場合は、「アルコール分を含まない」という意味で使われています。

 

hard drink

ウィスキーなどのアルコール度数の高い飲料はhard drinkと呼ばれます。

hardといえば、「堅い、厳格な、熱心な」などの意味が思い浮かびますが、この場合は、「アルコール分の多い(22.5%以上)」という意味で使われています。

 

beverage

やや堅い語ですが、水以外の飲料はbeverageと呼ばれます。

 

a cup of  ~ / a glass of  ~

英語の名詞には、可算名詞(数えられる名詞)と不可算名詞(数えられない名詞)があります。例外もありますが、「決まった形があるかどうか」が基準になります。

 

coffeeやmilkなどの不可算名詞は基本的に数えられませんが、容器単位形状を使った表現で数えることが可能です。

 

学校でこのように習いませんでしたか?

a cup of coffee

a glass of milk

 

てっきり、

コーヒーはa cup of

牛乳はa glass of

と数えるのかと思っていましたが、

 

あるとき、

 

a cup of milk

 

というフレーズを見つけてビックリ!!

 

ここ大事!

 なんと、違いは「温度」だったのです。

 

暖かい飲み物は a cup of ~冷たい飲み物は a glass of ~と数えます。その時にどんな容器を使っているかがポイントです。 

(ただし、実際の会話ではI'll have a coffee. のように省略されることも多いようです。また、 a mug of coffee ともいう言い方もあるようです。)

 

a cup of milk とは暖かい牛乳のことだったのです。

 

「最初から教えて欲しかった」と思うのは私だけでしょうか。 

 

じゃあ、アイスコーヒーは a glass of coffee???

慣例的にこのような言い方はしないようです。

ちなみにアイスコーヒーは英語でiced coffee (×ice coffee)です。

 

 お読みいただき、ありがとうございます。

 

よろしければ、こちらも参考にしてください。

 

www.keiko.work

  

www.keiko.work