お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の前置詞のコアとなる意味と意外な意味

それぞれの前置詞にはコアとなる意味がありますが、それだけではなく意外な使い方もあります。

まずはコアとなる意味の復習です。

 

前置詞の核となる意味

at 一点

at 3:00 p.m.

at night

at the station

look at ~

 

in 空間の中に

in summer

in my twenties (20代の頃)

in this room

in the rain

 

on  接触

on the wall

on Monday (ある特定の決まった日時)

 

from  起点

from three to five

 

to  到着点へ

to the office

 

for  方向、理由

leave for Tokyo

be famous for ~

 

of 部分、所属

legs of a chair

 

with  同伴

go with him

 

前置詞の持つ広い意味

空欄に適切な前置詞を入れましょう。

 1.   a key (       ) the door

ドアの鍵

 

 2.  exchange A (       ) B

AとBを交換する

 

 3.  order books (       ) a bookstore

本屋に本を注文する

 

 4.  (       ) ten minutes

10分後に

 

 5.  sing (       ) music

音楽に合わせて歌う

 

 6.  live (       ) rice

米を常食にする

 

 7.  That's fine (       ) me.

それで大丈夫です。

 

 8.  work (       ) the project

そのプロジェクトに取り組む

 

 9. a woman (       ) blue

青い服を着た女性

 

10. help him (       ) his homework

彼の宿題を手伝う

 

 

解答と解説

1.   a key (   to    ) the door

of ではなく、所属や関係の意味を持つ toが正解です。

 

 2.  exchange A (  for    ) B

for が交換を表します。

 

 3.  order books (  from    ) a bookstore

to ではなくfrom を使うことに注意しましょう。

 

 4.  (   in    ) ten minutes

現在を起点とした時間的な範囲を表すin が正解です。

過去を起点とするとafter ten minutes / ten minutes later

 

 5.  sing (   to    ) music

 to には「~に合わせて」という意味もあります。

 

 6.  live (  on    ) rice

on には depend on のように「~に頼って」という意味もあります。

 

 7.  That's fine (  with  ) me.

with が「対象」を表すこともあります。

 

 8.  work (   on    ) the project

on には go ~ on business / go on a trip のように「従事、目的」の意味もあります。

 

 9. a woman (  in   ) blue

in には「着用」の意味もあります。

 

10. help him (  with  ) his homework

withが「対象」を表すこともあります。

注)help his homework とはいいません。

 

決まった使い方を覚えておくと便利です。

 

お読みいただき、ありがとうございます。