英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

原級比較 | 語順

今回は原級比較の語順に注目してお伝えします。

 

まずは比較変化について確認しておきましょう。

 

英語では形容詞や副詞を変化させて比較しますが、その形は以下の3種類です。

 

原級: 比較変化しない元の形 例)tall

比較級:2人または2つを「~より…だ」と比較するときの形 例)taller

最上級:3人または3つ以上を「~の中で最も…だ」と比較するときの形 例) tallest

 

 

問題

(     ) の語を適切に並べましょう。

 

 

1.  She is (  as / as / not / tall ) her sister.

彼女はお姉さんほど背が高くありません。

 

2. She is ( as / as / beautiful )  her mother.

彼女はお母さんと同じくらい綺麗です。

 

3. She is ( as / as / a / beautiful / woman )  her mother.

彼女はお母さんと同じくらい綺麗な女性です。

 

4. He has ( as / as / does / his / brother / many / books).

彼はお兄さんと同じくらいの数の本を持っています。

 

5. The city is ( as / as / Tokyo / half  / large ).

その都市は東京の半分の大きさです。

 

6. That country is ( as / as / one / large / quarter ) USA.

あの国はアメリカの 4分の1 の大きさです。

 

7. She spent ( as  / as / one million yen / much ) in a day.

彼女は一日に100万円も使いました。

 

 

解答と解説

〈A … not as +原級+as B〉は「AはBほど…ではない」という意味です。

1. She is ( not as tall as ) her sister.

注)

単にお姉さんの身長と比較しているだけで、お姉さんの背が高いと言っているわけではありません。

 

 

〈A … as +原級+as B〉は「Aは B と同じくらい…だ」という意味です。

2. She is ( as beautiful as )  her mother.

 

 

ここ大事!

形容詞が名詞を修飾するときは通常〈冠詞+形容詞+名詞〉の語順(例:a beautiful woman)ですが、二つの as の間に入るときは語順が違うので要注意です。

 

その際は形容詞が冠詞の前に置かれ〈as +形容詞+冠詞+名詞+as〉の語順になります。

これは as と形容詞の結びつきが強いためと考えられます。

 

3. She is ( as beautiful a woman as )  her mother.

 

 

 

名詞の数が同じくらいだという時は〈A … as many +複数名詞+as+B〉で表します。

 

4. He has ( as many books as his brother does).

 

*does は代動詞で、ここでは has の代わりに使われています。

省略することもできます。

 

 

X倍だというときは〈X +as+原級+as〉のように倍数を用いて表します。

2倍     twice

X倍      X times

(例:3倍   three times )

半分    half

3分の1倍 one-third

3分の2倍 two-thirds

4分の1倍 one quarter / one-fourth

注)分数は分子を整数で、分母を序数で表します。

  分子が複数のとき、分母は複数で表します。

 

5. The city is ( half as large as Tokyo ).

 

6. That country is ( one quarter as large as ) USA.

 

 

 

〈as+原級+as〉の形で数や量を強調することができます。

 

7. She spent ( as much as one million yen ) in a day.

 

 

原級比較は特に語順に注意しましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

よろしければ、こちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp
www.keiko.workwww.keiko.work

 

お勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work