英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

文法用語 | 付帯状況とは | 付帯状況の with|付帯状況の分詞構文

 「付帯状況」とはどんな状況でしょう? 「付帯状況を表す with」とか、「付帯状況を表す分詞構文」のように使われますが、「付帯」とはどんな状況なのか分かりにくいという声をよく聞きます。今回は「付帯状況」についてお伝えします。

 

問題

空欄に適切な語を入れましょう。

1.  

Mary began the work yesterday, (          ) it today.
メアリーは昨日その仕事を始め、今日終えました。

2. 
It is stuffy in this room (           ) (            ) the windows (            ).

すべての窓がしまっていて、この部屋はムッとしています。

3.
She was eating lunch, (          ) (        ) the radio.
彼女はラジオを聴きながら昼食を取っていました。

4.
She was listening to the radio, (       ) (       ) (       ) (        ).
彼女は腕を組んでラジオを聴いていました。


5.
The train left Tokyo at six, (           ) at Kyoto at eight.
その列車は6時に東京を出発し、8時に京都へ着きます。

6.
He was thinking (    ) (     ) (     ) (    ) his mouth.
彼は鉛筆を口にくわえて考えていました。


7.
Don't tak (     ) (     ) (      ) (     ).
口の中をいっぱいにして話してはいけません。

 

 

解答と解説

全て「付帯状況」を表しています。

 

付帯状況」とは、主文に意味を添える表現で、メインの情報ではなく、補足情報と考えることができます。次の2通りに分けられます。

① 2つの動作や状況が続けて起こる

② 2つの動作が同時進行(~したまま、~の状態で)

 

注意

②の「同時進行」だけを付帯状況と説明している文法書もあります。

 

 

ほとんどの場合、文法上「付帯状況」と説明される状況は、次のどちらかで表されます。

① 分詞構文

② with +(代)名詞+分詞/形容詞/副詞(句)

補足)

独立分詞構文の前にwithが置かれていると考えることもできます。

 

 

ここ大事!

2つの違いは、「文の主語」と「分詞の意味上の主語(または形容詞や副詞が説明している主語)」が同じかどうかによって使い分けます。

① 主語は同じ

② 主語は別

補足)

分詞の意味上の主語はwithの後の(代)名詞です。

現在分詞が来るか過去分詞が来るかは、その(代)名詞との関係によって決まります。

ほとんどの場合、能動なら現在分詞、受動なら過去分詞。

 

 

分詞構文については、こちらを参考にしてください。 

www.keiko.work

付帯状況については、 こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

意味上の主語については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

現在分詞と過去分詞については、こちら↓を参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

1.

Mary began the work yesterday, ( finishing ) it today.

メアリーは昨日その仕事を始め、今日終えました。

①分詞構文

finishing it today が主文(Mary began the work yesterday)に続いて行われる動作を表しています

finishing の意味上の主語は主文の主語と同じMary

 

2.

 It is stuffy in this room ( with ) ( all ) the windows ( closed ).

すべての窓がしまっていて、この部屋はムッとしています。

② with +(代)名詞+分詞/形容詞/副詞(句)

with all the windows closed は主文(It is stuffy in this room)と同時進行

closed の意味上の主語はall the windows

 

3.

She was eating lunch, ( listening  ) ( to ) the radio.

彼女はラジオを聴きながら昼食を取っていました。

① 分詞構文

listening to the radio は主文(She was eating lunch)と同時進行
listening の意味上の主語は主節の主語と同じshe

 

4.

She was listening to the radio, ( with ) ( her  ) ( arms  ) ( folded ).

彼女は腕を組んでラジオを聴いていました。

② with +(代)名詞+分詞/形容詞/副詞(句)
with her arms folded は主文(she was listening to the radio) と同時進行
folded の意味上の主語は her arms

 

5.

The train left Tokyo at six, ( arriving ) at  Kyoto at eight.

その列車は6時に東京を出発し、8時に京都へ着きます。

① 分詞構文

arriving at Kyoto at eight は主文(The train left Tokyo at six) に続いて行われる動作を表しています。

arriving の意味上の主語は主節の主語と同じ the train

 

6.

He was thinking ( with ) (  a  ) ( pencil  ) ( in   ) his mouth.

彼は鉛筆を口にくわえて考えていました。

② with +(代)名詞+分詞/形容詞/副詞(句)
with a pencil in his mouth は主文(he was thinking) と同時進行

in his mouth は副詞句

 

7.

Don't tak ( with ) ( your ) ( mouth ) ( full ).

口の中をいっぱいにして話してはいけません。

② with +(代)名詞+分詞/形容詞/副詞(句)
with your mouth full は主文(Don't talk) と同時進行
fullは形容詞

 

 

「付帯状況」とは、2つの動作や状況が続けて起こる、または同時進行の状況や状態のことです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

よろしければこちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

お勧め書籍↓

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work