お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の数字の表し方 |「~以上」「~以下」「~より多い」「~未満」「多くても」「少なくとも」「~しか」「~もの」

英語で「~以上、~以下」などと言いたい時は比較級を使って表します。今回は数字を含む表現のいくつかを紹介します。

 

問題

次の空欄に適切な語を入れましょう。

 

 1.  (       ) (       ) 100

      (       ) 100

100より多い

 

2.  100 (       ) (       )

     (       ) 100 (       )

100以上

 

 3.  (       ) (       ) 100

      (       ) 100

100未満

 

 4.  100 (       ) (       )

100以下

 

 5.  (       ) (       ) (       ) 100

      (       ) (       ) 100

多くても100

 

 6.  (       ) (       ) (       ) 100

      (       ) (       ) 100

少なくとも100

 

 7.  (       ) (       ) (       ) 100

      (       ) 100

100しか

 

 8.  (       ) (       ) (       ) 100

      (       ) (       ) (       ) 100

100もの

 

 9.  children (       ) 10 (       ) (      )

10歳以上の子どもたち

 

10.  children (       ) 10

       children (       ) 11 (       ) (       )

10歳より年上の子どもたち

 

11. children (     ) 10 (       ) (       )

10歳以下の子どもたち

 

12.  children (       ) 10

       children (       ) 9 (       ) (       )

10歳未満の子どもたち

 

 

 

 

 

解答と解説

 

1.  (  more  ) (  than  ) 100

      (  over   ) 100

100より多い (100は含みません)

 

注)具体的な数字が続く場合、通常 overmore than が使われます。

above the average (平均以上) のように、固定した基準をもとにするときは above が好まれます。

 

 

 

2.  100 ( or  ) (  more   )

     (  from  ) 100 (  up   )

100以上

 

 

 3.  (  less  ) ( than  ) 100

      (  under ) 100

100未満 (100は含みません)

 

 

 4.  100 (  or   ) (  less   )

100以下

 

 

 5.  (  not   ) (  more ) (  than  ) 100

      (  at    ) (  most  ) 100

多くても100

 

 

 6.  (  not  ) ( less ) ( than ) 100

      (  at  ) ( least ) 100

少なくとも100

 

 

 7.  ( no  ) (  more  ) (  than ) 100

      ( only ) 100

100しか

 

 

 8.  ( no   ) (  less  ) (  than  ) 100

      (  as   ) ( many / much ) (  as   ) 100

100もの

 

 

 9.  children (  of  ) 10 (  or / and  ) ( over  )

10歳以上の子どもたち

 

 

10.  children ( over  ) 10

       children (  of  ) 11 (  or / and  ) ( over  )

10歳より年上の子どもたち

 

 

11. children ( of ) 10 (  or / and     ) (  under / younger     )

10歳以下の子どもたち

 

 

12.  children (  under   ) 10

       children (  of   ) 9 ( or /and  ) (  under / younger     )

10歳未満の子どもたち

 

 

似たような単語を使うので紛らわしいですが、組み合わせで意味が変わるので注意が必要です。

ただし、特に会話では「以下か」「未満か」、つまりその数字を含むか含まないかに関してはあまり厳密ではないようです。

 

 

余談

「~より少ない(その数字は含まない)」という意味で「未満」という言葉はありますが、「~より多い」ことを表す「未満」の反対語は聞いたことがありません。

 

もしご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください!!

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

6月8日(土)と9日(日)はブログをお休みします。

Have a good weekend!