お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

使い方に注意が必要なWH疑問文 |What / who / which が主語の疑問文と答え方

 

今回はWH疑問文についてお伝えします。

 

問題

次の英文はどういう意味でしょう。

1.  What do you do?

 

2.  How do you know Tom?

 

3.  How come you weren't there?

 

4.  What made you come here?

 

5.  I know what.

 

6.  How do you like your coffee?

 

7.  Say when.

 

 

解答と解説

1.  What do you do?

 「職業は何ですか」

この場合の do は「職業に従事する」という意味で状態動詞(ある程度時間の幅がある動詞) として使われています。たった今何をしているかを尋ねているわけではありません。

注)  What are you doing now? と聞かれた場合の do は「~をする」という意味で動作動詞(1回の動作を表す動詞) として使われています。「今何しているの?」という意味です。

 

 

2.  How do you know Tom?

 「トムとはどういった知り合い?」

howで手段や方法を尋ねることができます。

How did you come to know Tom? ということもできます。

 

 

3.  How come you weren't there?

 「どうしてあなたは、そこにいなかったの?」

「どういった経緯で」という事情を聞いています。

ここ大事!

How does/did it come about that ~? が省略されて How come ~となったため、S+V~のように平叙文(肯定文と否定文)の語順が続くことに注意!

比較

Why weren't you there?

「どうして」という理由を聞いています。

 

 

4.  What made you come here?

 「どうしてここに来たの?」

客観的に理由を尋ねるニュアンス

比較

Why did you come here?

単に理由を尋ねることもありますが、相手を責めるニュアンスが含まれる場合もあります。

 

 

 

5.  I know what.

 「こうしたらどうだろう

何かを提案するときの前置きとして使われます。

 

 6.  How do you like your coffee? 

 「コーヒーに何か入れますか」

With milk, please. / Without milk, please. などと答える

 

7.  Say when.

(飲み物を注いでいる時に)「いいところで教えて。」

 

 

注意が必要な疑問文と答え方

意外と知らない(または忘れている) 人が多いので、復習しておきましょう。

 

who、what、which が「主語」の場合は平叙文(肯定文と否定文)と同じ語順になります。

 

Tom broke the window.  (肯定文)

Who broke the window? (疑問文) 

(WH + 動詞 ~?)

返答  Tom did. 

比較

When did Tom break the window?

(WH + 助動詞 + 主語 + 一般動詞 ~?)

He broke it yesterday afternoon.

 

 

 

Tom was busy yesterday. (肯定文)

Who was busy yesterday? (疑問文)

(WH + 動詞 ~?)

返答  Tom was

比較

When was Tom busy?

(WH + be動詞 + 主語~?)

He was busy yesterday.

 

 

特殊なケースは特に注意して覚えましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

 よろしければ、こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work