お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

「仕事」とは? バートランド・ラッセル (Bertrand Russell) の名著 "The Conquest of Happiness" より

Bertrand Russell をご存知でしょうか。イギリスの哲学者で、数学者でもある彼の文章はとても論理的で説得力があり、しかも比較的平易な英文で書かれているため読みやすいです。今回は "The Conquet of Happiness" の Chapter 14  "Work" からの抜粋です。

 

Most of the work that most people have to do is not in itself interesting, but even such work has certain great advantages.  To begin with, it fills a good many hours of the day without the need of deciding what one shall do.  Most people, when they are left free to fill their own time according to their own choice, are at a loss to think of anything sufficiently pleasant to be worth doing. And whatever they decide on, they are troubled by the feeling that something else would have been pleasanter.

 

"The Conquest of Happiness"  by Bertrand Russell

 

K子要約

多くの仕事はそれ自体はおもしろいわけではないけれど、大きな長所があります。まず、その日に何をするかを決めなくても、一日の大半の時間を費やすことができるのです。時間を好きなように使っていいと言われると、多くの人は、やるだけの価値があり、しかも大いに楽しめることを考えることができず困ってしまうのです。そして、何をやると決めたとしても、もっと楽しいことがあったのではないだろうかという気持ちに悩まされるのです。

 

この後、自由な時間を有意義に過ごすのは意外と難しいということが書かれ、そしてこう続きます。

 

Work therefore is desirable, first and foremost, as a preventive of boredom, for the boredom that a man feels when he is doing necessary though uninteresting work is as nothing in comparison with the boredom that he feels when he has nothing to do with his days. With this advantage of work another is associated, namely that it makes holidays much more delicious when they come. Provided a man does not have to work so hard as to impair his vigor, he is likely to find far more zest in his free time than an idle man could possibly find.

 

"The Conquest of Happiness"  by Bertrand Russell

 

K子要約

だから仕事は、何よりも退屈しのぎに向いているのです。というのは、何もやることがないときに感じる退屈さと比べたら、たとえ興味がない仕事であったとしても、必要なこと(つまり仕事)をやっているときに感じる退屈さは、何でもないことです。仕事とは別のことも、仕事の利点とこんな風に関係しています。例えば、仕事があるからこそ休日がより素晴らしいものになるのです。もし体力を消耗するほど(つまり、それほど熱心に)仕事をしなくてもいいとしても、自分が自由に使える時間に対して、何もすることがない人がどうにか感じる熱意と比べると、圧倒的に大きな熱意を感じやすいのです。

 

 

現在仕事を楽しんでいる人はもちろんですが、「毎日が日曜日の生活がしたい」と思っている人も、いざ本当にそうなったらラッセルの言っていることに納得するのかもしれませんね。家事なども含め、普段やるべきことをやっているからこそ、自由時間も楽しめるのでしょうね。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

こちら↓は、新しく始めた中学英文法の復習のためのブログです。ゼロから英文法を復習したい方はこちらも参考にしてください。
https://keikoringbasic.hatenablog.jp

 

ラッセルに興味がある方は、チェックしてみてください↓

 

The Conquest of Happiness

The Conquest of Happiness

 

  

まんがでわかる ラッセルの『幸福論』の読み方 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる ラッセルの『幸福論』の読み方 (まんがでわかるシリーズ)

 

  

ラッセル幸福論 (岩波文庫)

ラッセル幸福論 (岩波文庫)