お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の冠詞 (a / an / the) の使い方 ② 応用編 

今回は冠詞の使い方の応用編です。

 

まずは、昨日(2019年3月30日)の問題の答えと解説です。

問題の答えと解説

He is Z man. という文は2001年のTIME誌に書かれていたのですが、当時、日〇の社長だったゴー〇氏のことを指しています。(今も話題になっていますが)

 

the man → Z man

 

と変えているのですが、the と音が似ている Z は日〇を代表する「フェ〇レディーZ」から来ています。

 

the man とは「時の人」という意味と「(日〇を再建できる)唯一の人物」という意味が含まれているそうです。

 

冠詞は奥が深いですね。

 

 

それでは昨日の冠詞の基礎編に続き、応用編です。

 「1つの」以外に使う不定冠詞 (a / an)

1. 「ある~」

to a degree ある程度

in a sense  ある意味では

 

2.「~につき」

100 kilometers an hour  1時間につき

 

3. 「~の製品、作品」

I bought a Son〇. (ソ〇ー製品)

など

 

「特定の物や人」以外を表す定冠詞 (the) 

1. 「定冠詞+形容詞」で「~な人/物」

the rich  金持ちの人

the poor  貧乏な人

the young  若者

the injured  けが人

the unexpected  思いがけないこと

the impossible  不可能なこと

など

 

the の発音

後ろの名詞の最初の音が子音なら

(上の歯に舌を当てて、または軽くかみ、舌を引っ込めながら)ザ/ダのような音

 

後ろの名詞の最初の音が母音なら

(上の歯に舌を当てて、または軽くかみ、舌を引っ込めながら)ジ/ディのような音

 

このように文法書には書かれていますし、私もそのように習いましたが、私が「~だよね」と確認すると、あるオーストラリア人の女性はとても驚いていました。

 

彼女によると、次に来る名詞の音が母音であろうが子音であろうが、「ジ」というのは、次にくる名詞を強調したいときだけだそうです。

 

「ジ」というのは、「ジャジャーン」というニュアンスで使うのだそうです。

 

気をつけて聴いてみると、ニュースや会話などでは、次の名詞が母音で始まらないのに「ジ」と言っている場合があるので、彼女だけが特別ではないようです。

 

ネイティブスピーカーの感覚は、聞いてみないと分かりませんね。

 

お読みいただき、ありがとうございます。