お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語の未来進行形の使い方 |未来形との違い

未来進行形 (will be ~ing)は、未来のある時点で行われているであろう動作や行為を表しますが、それ以外にも意外な使い方があります。

 

1. 未来のある時点で行われているであろう動作「~しているだろう」

I will be having a nice dinner at a fancy restaurant at this time tomorrow.

(明日のこの頃には~しているだろう)

比較

I will have a nice dinner at a fancy restaurant tomorrow.(未来形)

I am going to have a nice dinner at a fancy restaurant tomorrow.(未来形)

will は原則的に「その場で決めたこと」を表し、be going to は「予定していること」を表します。

 ここ大事!

未来形写真のように、ある一時点を表します。

それに対し未来進行形ビデオのように、動きイメージできる表現です。

 

 

2. 確定している未来

I will be visiting his office next week.

(~します)

比較

I will visit his office next week.

will主語の意志(~のつもり)を表し、場合によっては変更する可能性もあることを暗示しています。

ここ大事!

それに対し未来進行形は、意志ではなく、確定した予定で変更の可能性がないことを表します。

 

We will soon be arriving at ~.

という新幹線のアナウンスを聞いたことがありませんか?

未来進行形確実に起こることを表しているため、到着数分前に流れているはずです。

 

 

3. 丁寧な表現

Will you be coming to our office? 

(~していただけますか)

比較

Will you come to our office? 

(~のつもりですか)

will主語の意志(~のつもり)を尋ねています。

注)この疑問文は、「~してくれますか?」という依頼の表現としても使われる。

 ここ大事!

それに対し未来進行形は、相手の意志に立ち入ることなく、確定した予定を尋ねるというニュアンスがあるため、丁寧な印象を与えるのです。

 

 

まとめ 

このように「時制」は「時」の情報だけではなく、色々なニュアンスも含めることができとても便利ですので、是非使いこなしましょう!!

 

お読みいただき、ありがとうございます。