お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

アメリカのケーキはなぜ甘い?(番外編)

甘すぎるケーキ

昔アメリカに住んだことがありますが、市販のケーキの甘さには驚きました。尋常ではない甘さです。

 

うまく表現できませんが、砂糖のかたまりを食べているようです。私が覚えている限り、アメリカのケーキが好きという日本人には会ったことがありません。

 

でも、アメリカ人はその甘すぎるケーキをとっても嬉しそうにほおばっていました。味覚が違うとしかいいようがありませんが、私は不思議で仕方ありませんでした。

 

その謎が解けたのは、ある新聞記事を読んだときです。詳しいことは覚えていませんが、アメリカに住む日本人記者が書いた記事でした。信憑性は保証できませんが、そこには以下のように書かれていました。

 

アメリカのケーキはなぜ甘い?

 『アメリカのケーキが甘いのは、自分に必要な糖分をケーキから取っているから。例えば和食では煮物酢の物などから糖分を摂取できるけれど、アメリカ人の食事からは取れないので、その分をケーキで補っている。』

 

なるほど!!

 

確かにアメリカ人の食事からは、あまり糖分を取ることはできないような気がします。(炭酸系の飲み物などには糖分が入っていますが)

 

でも必要な栄養素なので(無意識であっても)食べたくなる。そして、あのケーキに・・・。

 

決して甘すぎるとは思わないんでしょうね。

 

 旨味

 日本人にはお馴染みの、昆布やカツオから取るダシの旨味が分かる外国人は少ないそうなので、やはり小さい頃からどんな物を食べて育ったかで、味覚も違ってくるんでしょうね。

 

(外国人にもわかる人はいるでしょうが)お米の甘さがわかるのも、日本人だからなのかもしれません。そういえば、ご飯にバターをつけて食べてる外国人が「そのままでは味がない」と言っているのを聞いたことがあります。

 

別の外国人は「ラーメンのスープはおいしいけれど、うどんのスープは全然おいしくない。味がない。」と言っていました。旨味がわからなかったのかもしれません。

 

日本の良さ

アメリカが大好きで、一生アメリカで暮らしたいとまで思ったほどでしたが、「食事はやっぱり日本がいいなぁ」と、日本の良さを再発見した次第です。

 

お読みいただき、ありがとうございます。