お薦めの英語学習法や文法説明

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

習慣は第二の天性なり: 英語学習にも当てはまります

新年あけましておめでとうございます。

(まだブログを始めたばかりですが)本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

モチベーションの維持よりも簡単なこと

多くの英語学習者がモチベーションの維持に苦労しているようですが、そもそもモチベーションを維持し続けることはとても難しいそうです。それなら発想を変えて、モチベーションにこだわらないことが継続の秘訣ではないかと思います。お勧めは、英語学習を習慣にすることです。

 

 

 

「頑張ろう!」と決めた当初はやる気満々だったのに、いつの間にか英語に触れる時間が減ってしまうことも多いようです。「モチベーションを維持するには?」という問いに対する答えとして、一般的には「目標が達成できたときの自分をイメージする」「高級レストランで食事をする、欲しい物を買うなど、頑張っている自分に定期的に褒美を与える」などが考えられます。でも、それよりも習慣にしてしまう方が簡単です。

 

 

Habits enable us to do a multitude of things automatically. ― "On Habits" by A. G. Gardinerー

 

話は変わりますが、私の大好きなA. G. Gardinerのエッセイには、いくつか「習慣」を題材にしたものがあります。

例えば

「時計を忘れた」と思った男性が、ポケットから時計を取り出して家まで取りに帰る時間があることを確認し、時計をポケットに戻して、家まで(時計を)取りに帰った話

 

あるクラブのクローク・ルームに、自分で帽子とコートをかけるのですが、いつもどこにかけたかを忘れるので、だいたいの場所を決めておくことにすると迷わなくなった話

 

いつも使っている鉛筆ではなく、高級万年筆を使ってエッセイを書こうとするとうまくいかなかったので、またいつもの鉛筆に戻すと、スラスラと書けた話

 

つまり、一度習慣になってしまえば、特に意識しなくても、モチベーションがあってもなくても、「自然に」できるようになるということです。例えば、毎晩就寝前に英文を読む、バスを待っている間に、前日の出来事について英語で考えてみる、夕食後に単語を10個覚える・・・などなど、たとえ少しの時間でも英語のための時間を確保し、それを習慣にしてしまいましょう!