お薦めの英語学習法や文法説明(会話/入試/英検/TOEIC/TOEFLなど)

英語オタクの私がこれまでに得た色々な情報をお伝えします!

英語学習における教材選び

 

人の話はあてにならない

 

 

英語ができる人はたくさんいます。そして勧める学習法や教材は、みんな違います。なぜなら、みんな英語を習得した環境が違うから。

 

 

例えば、英語圏で長く生活した経験のある人はこんな風にいうかもしれません。「机に向かって勉強する必要なんかないよ。大事なのは自然な英語。映画を観たり、ネイティブスピーカーの友達と話したりしているうちに、自然と話せるようになるよ。」

 

 

これは嘘ではないでしょう。ただし英語にどっぷりとつかっている環境だから、ということを忘れてはいけません。日本で暮らしていると、「なんとなく」とか「いつのまにか」ということはありえないと思います。また、そのような人達も、多くの場合、英語圏に住み始めてすぐは相当苦労したはずです。

 

また、こんなアドバイスもよく聞きます。「CNNやBBCなどの英語のニュースを聞くとリスニング力が上がるよ。」「ネットでも海外の英語のニュースが読めるから、毎日読むと読解力が上がるよ。」

 

これも嘘ではありません。ただし、これで成果が上がる人は、元々かなり力がある人だと思います。これは日本語で考えると、分かりやすいと思います。大人用の新聞記事を正確に理解できる高校生もたくさんいるでしょうが、小学3年生ならどうでしょう。なんとか頑張ったとしても、おそらく半分も理解できないでしょう。

 

このような方法を続けていると、難しすぎてストレスになってしまい、いつのまにか英語から遠ざかってしまったということになりかねません。仮にそれが苦にならないのなら続けてもいいのかもしれませんが、その時間を別のことに使う方が、効率的に英語力を伸ばせそうです。

 

つまり、人からのアドバイスをうのみにするのではなく、自分が置かれた環境と現在の自分の英語力を総合的に考えて教材を選ぶべきですね。